広告

京都の皮膚科(にきび)について

京都の皮膚科(にきび)について

京都の皮膚科で、にきび治療に得意な医院をお探しの方にお勧めのサイトがありました。

皮膚科情報(京都)というサイトですが、こちらには京都市内だけでなく、 京都の長岡京市や宇治市など、広い範囲の情報が載せられています。

にきびで皮膚科を受診するならば、絶対に腕の良い医師の元を訪れたいですよね。 あまり得意としていない医師に出会ってしまうと、治療に時間がかかる事もあるようです。

このサイトは詳しい場所まで書いてありますので(京都駅近くとか)、 実際に通院してみようかという時も場所をチェックする際に役立ちます。

また、一つひとつ医院のレビューが書いてありますので、どのような医師なのか、 どのような施術を行ってくれるのかが把握できます。

京都って、夏は暑く冬は寒い土地ですから、お肌も過酷な環境の中にいるといっても良いでしょう。 ですから、日ごろからお肌の為になるスキンケアや食習慣を送る癖をつけておくと良いですね。

京都のにきびの皮膚科情報サイトをご紹介

なにかあった時の為に、信頼できる皮膚科を住まい近くの京都府内で見つける事が出来ていれば、 安心して毎日をおくれます。

吹き出物の治療

吹き出物の治療は、思春期にきびのケア方法と多少異なるようです。 なぜなら、吹き出物は「アダルトにきび」と呼ばれる部類に入るからなのですね。

治療を考えるのであれば、原因を知りましょう。代表的なものは二つ。 一つは体内の異常によるもの。胃腸が弱まると、途端に肌に影響を及ぼす特徴があります。 治療法も原因によって変わります。

次にターンオーバーの異常です。若い時は28日間で生まれ変わっていた肌も、 年を重ねるにつれて、早すぎたり遅すぎたりします。例えば早すぎると、 未熟な細胞が表皮まで上ってくるわけですから、バリア機能が衰えて俗に言う敏感肌となります。

しかし、遅すぎる場合は吹き出物となり治療が必要です。 肌の生まれ変わりが遅いという事は、古い肌細胞(角質)がどんどん表面に溜まり、 毛穴をふさいでしまいます。アクネ菌は酸素が嫌いですから好都合。

治療法としては、まず古い角質を取り除くことと、何よりも乱れたターンオーバーを、 28日間という正常なものに戻してあげることとなります。ですが自己流の治療は決して行わない事。

原因によって変わる吹き出物

勝手に知識なく治療をしようとすると、取り返しのつかない事になるかもしれません (=肌がデコボコになるなど)。ですから、正しい方法を知る事が重要なのです。 情報アンテナを目一杯立てて、下手なスキンケアなども行わないようにしてくださいね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする