広告

にきびの原因

にきびの原因

にきびとは、皮膚の毛穴の中に皮脂や汚れが溜まるなどの原因により、 皮膚が炎症を起こしたもののことを言います。主に顔の表面など目に付くところにできやすいため、 一旦にきびが顔にできてしまうととても気になってしまいますね。特に思春期の多感な時期ですと、 顔に大きくできてしまったにきびは悩みの種となってしまうことが少なくありません。

では、にきびの原因はどこにあるのでしょうか。にきびの原因の多くは、 皮脂が分泌される毛穴に皮脂汚れが溜まり、毛穴が詰まらせてしまうことが要因となって引き起こされます。 詰まった毛穴は熱を放出できないため毛穴の中で炎症を引き起こしてしまうのです。これがにきびです。

にきびと一口に言ってもその色や形、大きさなど、様々です。 赤く大きい存在感の大きいものから、小さい色みの少ないポツポツとしたもの、 膿の溜まってしまったものなど、いろいろありますね。同じように、にきびの原因も様々なのです。

にきびの原因はどこにあるのか

毛穴の皮脂汚れだけでなく、生活習慣やストレスが原因となってできるにきびもあります。 にきびができてしまったら、まずは食生活や生活習慣を見直してみましょう。 生活のリズムが不規則になっていないか、 バランスのとれた食事はきちんと摂れているかなどをチェックして、 生活習慣が原因となっているようであれば改善が必要です。

お顔ににきびができてしまったら、どうしても気になってブルーな気分になってしまいがちですね。 でも、あなたのにきびも原因をきちんと取り除いてあげれば、必ず改善されていくのです。 だから心配しなくていいのですよ。「にきびをなくして、きれいな肌を取り戻すんだ」という、 明るく前向きな気持ちを持って、そしてまずはしっかりと自分のにきびの原因について見直すことから始めましょう。

ビタミンとニキビ

にきびとビタミンは、 切っても切り離せない仲だということは、もう皆さんご存知ですよね。 野菜不足で肌が荒れてしまったという経験をなさった方は多いでしょう。

ビタミンと一口に申しましても、その種類は様々です。 よくCMで謳われているのは「にきびにはビタミンB」ですね。 もちろん、とても大切で欠かせないものです。

ビタミンの中でもA.C.Eはお肌に必須の栄養素。「ビタミンエース」と覚えておくと良いですよ。 これにプラスBが黄金コンビと言われています。

敏感肌や肌の老化で悩む人も、もちろん積極的に摂取したいものです。 しかし、やはりこれらを積極的に意識して摂る事により、状態が劇的に変わるのは「肌荒れ状態」。

切っても切り離せないにきびとビタミン

つまり、にきび肌です。ビタミンの力がこんなにも凄いなんてと驚くに違いありません。 野菜以外にも、これらの栄養素が含まれている場合が多々あります。

例えば、ビタミンAはレバーに豊富に含まれていますし、 豚肉を食べるとビタミンBを効率よく摂取する事が出来るのです。

もちろんこれらを摂取するだけでは、完全に完治させることは難しい場合もあるでしょう。 そのような時は、やはりスキンケアや生活習慣を改める必要が出てきますね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする