ばい菌を寄せ付けない清潔な環境がニキビを防ぐ

ばい菌を寄せ付けない清潔な環境がニキビを防ぐ

体を清潔に保つという事は、健康面においてもとても大切な事です。 当然のことながら、手を洗う、うがいをする、歯を磨く、お風呂に入るなど、 ばい菌を体に寄せ付けないためにかかせませんね。

では、その後に使用するタオルやハンカチは清潔に保たれているでしょうか。 せっかくきれいに手や顔を洗っても、その後に汚れたタオルで拭いたのでは意味がありませんね。 できるだけこまめに取替え、洗濯し、清潔を心がけるようにしてください。

もちろん、シーツや枕カバーなども清潔を保ちましょう。私たちは寝ている間にも汗をかいています。 特に枕カバーは髪の毛やお顔の皮膚が直接触れますね。これに汚れやばい菌が付いていたのでは、 せっかくきれいにお風呂に入っても、寝るときに汚れが付着してしまいます。

また、清潔にしようと洗濯したときに、洗剤の残留は気にしていますか?  きちんとよくすすいで洗えているでしょうか。 清潔や洗顔石鹸などにはこだわって注意しているけれど、洗濯のときの洗剤にはあまり気にしていない、 という人も多いのではないでしょうか。

整髪料などの残留が枕カバーなどに付着しているのもお肌に触れるとよくありませんね。 整髪料などは油分が多く含まれています。枕カバーがじっとりとしているようであれば、要注意です。 すぐに取り替えてください。

基本的に、湿っているものには雑菌やばい菌が付着している可能性があると考えてください。 タオルやシーツ、枕カバー、布団にいたるまで、日常の生活用品についても清潔を心がけましょう。 できるだけこまめに取り替える、洗濯する、天日に干すなどしましょう。

直接皮膚に触れるものの「清潔」にも目を向けることも、 お肌のスキンケアだけでなくにきびケアにとってとても重要な事なのですよ。

ニキビの化粧水レシピ

にきびに良い化粧水のレシピがあることは、もうご存知かもしれませんね。 手作りで石鹸などを作る方は、恐らく一度くらい作った事があるかもしれません。

最近の大手メーカーが販売する化粧水は、そのレシピの中に必ず合成物も入れています。 安価な物だと、BHTなどの余り嬉しくない成分が配合されていますのでチェックしたほうが良いですよ。

そこで手作りレシピの登場です。市販のもので納得がいかないのであれば、 自分で作ってしまおうというのですね。

対にきびのレシピは、インターネットで検索すると沢山出てきます。 レシピの中には、ドクダミを使用したり、日本酒を使用したりと、 様々なアイデアがなされているようですね。

レシピを眺めていると、なんとなく自分でも簡単に出来そうな気がしてきます。 すぐに集められる材料であれば尚更ですね。

ニキビの化粧水レシピはアレルギーに注意

しかし、どのレシピであれ、一度パッチテストを行う必要はあるでしょう。 というのも、市販の化粧品であれば万人に刺激のないよう作られていますし、 何度も実験を行った結果世に出回っているのです。

手作りレシピの中には、アレルギー反応が出やすい材料を使った物もありますから注意しましょう。 また、納得のいくものができたら、正しい使い方をしてあげないと、お肌も上手に反応してくれません。 やはりお手入れ方法を熟知しておくことをお勧めします。

広告