広告

顔のニキビはまず原因を取り除くこと!

顔のニキビはまず原因を取り除くこと!

人と会ったとき、まず目がいくのが顔ですよね。 ですから、お顔ににきびができてしまうと、 どうしても目立つし、気になってしまいます。

顔の中でも、頬や鼻、あごにできる赤く大きいにきびはとても目立つ存在で困りものですよね。 そのまま何の改善せずに放っておくと、また次のにきびができてしまわないとも限りません。 にきびが顔にできてしまった原因があるのですから、 その原因を取り除いてあげる事が必要となってきます。

また、顔のにきびが目立つからと言って、決して潰してはいけません。 にきびの芯を取ろうとして指や爪で潰そうとする人もいますが、これは間違いです。

皮膚の基底層に傷ができてしまうと、後々クレーターやにきび跡として残ってしまいます。 これでは、例え元の状態に戻ったとしても、にきび跡やクレーターだけは消えずに痕に残ってしまいます。 にきびは潰したくなっても我慢、我慢。後で後悔しなくていいようにしてくださいね。

顔にできるにきびのうち、額こやこめかみにポツポツとにきびが多量に発生してしまうものもありますね。 女の子なら、前髪を伸ばして隠したいと思うかもしれません。 でも、にきびにはできるだけ指や髪の毛も触れないほうがいいのです。 細菌が毛穴でさらに炎症を悪化させてしまう場合があるからです。

顔のにきびは、潰さず、隠さず。それよりも、早くにきびを改善できるよう対策を取りましょう。 ただ、自分で試行錯誤しながら間違ったにきびケアをしてしまうと、 かえってにきびを悪化させたり長引かせることにもなりかねませんね。

もし、あなたがにきびの改善についてどのようにすればよいのか迷われている場合は、 にきび専用の対策本を参考にすることをお勧めします。そうすれば、ニキビケアの正しい道案内によって、 案外短い期間でにきびを終息させることができるかもしれませんよ。

おなかとニキビ

おなかの調子が悪いと、にきびが直ぐに出来る人は多いのではないでしょうか。 今回は、おなかとにきびの関係についてお話したいと思います。

おなかとは、つまり胃腸の事だとお考え下さいね。とてもデリケートな臓器ですから、 ちょっとした異変があると、すぐに反応してしまいます。

ストレスが溜まれば、胃粘膜がやられます。 すると消化不良の食物が腸に流れるので負担が物凄くかかるそうです。 また、脂質の多い食事も、胃腸に負担を与えます。

疲れたおなかは、だんだん調子を崩して便秘がちとなります。 生理前や妊娠初期の女性の身体も便秘がちになりますね。水分をより吸収しようとしたり、 赤ちゃんを守ろうと、おなかの筋肉をあまり動かさないよう、自然と身体が対応するのだそうです。

おなかの調子が悪いとニキビができやすい

原因はともかく、おなかの中に便が溜まると、当然発酵が始まります。 この時身体に有害な毒素も作り出しますが、これがお肌に悪いのです。

おなかの毒素がお肌に回ることで、にきびの要因となっています。

ですから、いくらスキンケアを頑張ったところで、体内環境が悪かったり、 その原因が突き止められていなければ意味はないのですね。正しい仕組みを知る事も、 改善に役立つのではないでしょうか。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする