広告

サプリとニキビ

サプリとニキビ

ニキビに良いサプリといえば、チョコラBBを思い浮かべる人は多いでしょうね。しかし、他にも肌荒れに良いとされるサプリは、多々市場に出回っています。

肌荒れに良いといえば、ドクダミにハトムギ。ビタミンB群は当たり前としても、ビタミンCや食物繊維も役立ちます。

これらを食事からきちんと摂取するのが難しい人は、サプリに頼っても良いかもしれません。

ただし、サプリを選ぶときには注意が必要です。有効成分より添加物が多いようなサプリは、飲んでもほとんど意味がありません。

身体は添加物を「必要ないもの」として体外に排出しますが、このとき有効成分も一緒くたにして排泄しようとします。せっかくお金を出して飲んだのに、肌に効かないのでは意味がありませんよね。

サプリは、あくまでもニキビ改善の補助的な存在だという事は忘れないようにしてください。サプリを辞めたら一気に肌荒れ。これでは意味がありません。

それに、一生サプリを飲んで暮らすわけにもいきませんよね。だったら、ニキビが出来ない肌を作る方が、何倍も効率的ですし理にかなっています。

肌質を変えるには、あなたの生活を改めたりスキンケア用品を見直す必要が出てくるかもしれませんが、今修正しておけば一生の宝になります。

ただ、ストレスによる肌荒れは、サプリを頼ることも一つの大きな選択手段の一つです。ストレスケアサプリと同時に、あなたの肌質を強化していけば、ストレスニキビには鬼に金棒でしょう。

にきび菌の原因

にきび菌が繁殖する原因が分かれば、自分のにきびも落ち着くのでは。そう考えてしまいますよね。

にきび菌といえば肌荒れの原因、アクネ菌を代表的に思い出すでしょう。しかし他にも多くの菌が関係しているようです。常在菌として存在するマラセチアもその一つです。

にきび菌が繁殖する原因は、やはり過剰な皮脂分泌と汚れ。毛穴の中にいるこれらの菌が大暴れした結果、肌に赤いブツブツが増えるという事になります。

では、にきび菌が増える原因が肌の汚れなら、しっかり洗えば良いんだよね。そう思われがちですが、ちょっと違います。

もちろん、清潔を保つ事は不可欠ですが、毛穴奥に住むにきび菌を撲滅させることは不可能です。ではどうするのか。

それは、体内から皮脂分泌を抑える毎日を送り、さらにターンオーバーが乱れないよう意識することです。

毛穴付近に角質が溜まったり、皮脂が過剰に分泌されるから、にきび菌が増える原因となるのですね。だったら、その原因を取り除けば良いのです。

食事や日頃の生活自体、知らずしらずの内にこれらの原因を促進させ、にきび菌を増やしているかもしれません。良かれと思って行動していても、実は逆の結果を生んでいた、という事もあるのです。

その代表が「日に何度も洗顔する」「野菜しか食べない」などですね。にきび菌は、ポイントがずれた方法では、一切増殖を辞めてはくれません。

あなたの生活の中の、にきび菌の繁殖原因をつきとめることが、まず行わなければならない最初のステップになるのですね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする