広告

シャンプーとニキビ

シャンプーとニキビ

シャンプーの洗浄成分、保湿成分でニキビが出来る事はよくあります。背中や胸ニキビの原因として真っ先に思い浮かびます。

シャンプーは、内容成分に大きな違いが出がちです。価格と比例して、その成分自体もピンからキリまであります。

市販されている安価なシャンプーは、皮膚が弱い人や刺激を受けやすい人にとっては強すぎる成分だといえるでしょう。

ニキビが出来やすい身体は、刺激を受けやすいといえますのでシャンプー選びにも注意が必要です。

例えばラウレル乳酸Na。非常に強い界面活性剤として有名ですが、市販のものにはほとんど配合されています。脱脂力が強すぎ、皮脂と水分のバランスが崩れる事でニキビを誘発します。

また、シリコンが配合されているシャンプーやリンスも避けた方が良いでしょう。髪が乾いた後もコーティング剤として付着しています。肌に触れる事で毛穴に刺激を与えます。

では石鹸でシャンプーはどうかというと、これも使い方が非常に難しいです。石鹸カスが出ますので、すすぎが不十分だと肌荒れにつながります。

シャンプーを選ぶことから、ニキビ改善へのアプローチは始まっています。スキンケア用品に限らず、シャンプーの選び方を指導してくれる環境に身を置く事も大切かもしれませんね。

ニキビ改善には、専門家の指導も必要です。皮膚科に限らず、そのような情報を提供してくれるものを積極的に取り入れると良いでしょう。

性格とニキビ

ニキビが出来やすい性格があるということを、ご存知でしょうか。性格によって肌状態が左右されるのですよ。怖いですね。

ニキビは、多くの原因がありますが、代表すると「精神的な乱れ」「不摂生」「不潔」が挙げられます。

まず、精神的な乱れとはストレス。ストレスを受けやすい性格は、小さなことも気にしたり、ちょっとしたズレを許せないという人に多く見られます。ストレスを上手に受け流したり、逆に自分でストレスを作ってしまうタイプですね。

次に、不摂生。面倒くさがり屋の性格です。食事を作るのが「面倒」だから外食ばかり。運動するのは「面倒」だから、いつもダラダラ、などなど。

最期の不潔。先の性格、不摂生と似ていますが、これは特に清潔感に関する問題を多く占めます。メイクはしても、夜落とすのが「面倒」でそのまま寝る。パジャマは一ヶ月洗わない、布団干しが大変だからと汚れていても平気で寝る。

このような性格は、ニキビを増やす原因となる生活習慣に結びつきます。同じライフスタイル、同じ家、同じ悩みを抱える集団の中で、自分だけニキビが出来るのは、これらの性格がどこかで発揮されているからかもしれません。

同じ辛い環境にいても、友人はストレスをさっと流せる性格なのに対し、自分は正面から受け止め重荷に感じる。

深夜まで遊び歩く友達は肌がキレイ。でもそれは、友人がどんなに疲れていてもメイクを絶対落としてからでないと眠れない性格なのかもしれません。

あなたのライフスタイルの中で、自分のどんな性格がニキビを悪化させているのかを、しっかりと振り返る事こそ必要です。今こそ、手をうつべき時なのではないでしょうか。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする