広告

イオウとにきび

イオウとにきび

にきびにはイオウを使った昔からの治療薬や治療法があります。効果も非常に良く使用している方も多いのではないでしょうか。

イオウは肌や髪の毛、爪、軟骨を作るのに重要な物質で、角質を柔らかくし殺菌効果もあります。しかし使用すると肌が乾燥し易くなるという短所もあるようです。

今は薬局やドラッグストアで誰でも手軽に購入できる治療薬ですが、果たして安全なのでしょうか。医師の処方箋を必要としないので、軽い気持ちで選び使用していませんか。

周りの人がにきびにイオウが良いと言う理由だけでは、自分も同じように症状が良くなるという根拠にはならないですよね。購入するにも良く調べ、分からない事は聞いて成分と効果を理解した上で使用しましょう。

にきびに良いとされるイオウですが、効果をよく理解したうえで使用しましょう

イオウで良く知られているのは温泉ですね。実際治療に効果があり、野沢温泉、白骨温泉、黒川温泉等が有名ですが、その他にも有名な温泉が沢山あります。ただし、刺激が強いので敏感肌の方は注意が必要です。

にきびの治療にはイオウを始め様々な成分が良いと言われて、本当は何が良いのか迷う事もあるのではないでしょうか。しかし思ったより効果がなかった事の方が多いですよね。大事なのは確実な治療効果のある方法を選ぶ事ではないでしょうか。

赤にきびの汁

赤にきびを触っていたら、白い汁が出てきたという経験をした人は多いのではないでしょうか。洗顔をする時などは気を付けている積りでも、つい触ってしまいますよね。

赤にきびの中から出てきた白い汁は膿で、透明な場合は浸出液のようですよ。浸出液は怪我をした時などにも出る液体で、皮膚の再生を早める作用がありますので、ふき取り過ぎないようにした方が良いようです。

潰して、中の汁を全部出せば治るような事を言う人も居るようですが、それは間違いですよ。潰すと早く治りそうに思えますが、たいていの場合、痕が残り茶色いシミになってしまうようですね。

色々な事情によって残ってしまった痕を治すのは、赤にきび自体を治すのより時間が掛かるので、効果が出ないからと言って諦めないで、根気よく続ける事が大事ではないでしょうか。

赤にきびを潰して中の汁を出せば治るって本当?

潰した時に出る汁の中には、原因菌でもあるアクネ菌がいます。気を付けて潰したつもりでも周りに飛び散り、別な毛穴にアクネ菌が入って、新しいニキビが出きてしまうので注意しましょう。

赤にきびから汁が出るようになってから慌てても遅いですよ。その前から正しいケアや治療を行い、生活習慣の改善をしてニキビのできにくい身体に変えるように努力してみませんか。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする