エキスとスキンケア

エキスとスキンケア

スキンケアアイテムを手に取ると、成分表に多くのエキス名が記載されていることに気づかれると思います。

これらエキスは、植物性のものが多いようです。ある程度、エキスの効能を知っておくと、化粧品選びの役に立つので良いのではないでしょうか。

(最近では、かたつむりエキスという名のエキスも登場しました。韓国発祥ですが、かたつむりからどうやってエキスを取り出すのでしょう・・・。)

化粧水や乳液などを手作りする人は、専用のお店でエキスを手にいれ、自分だけの化粧品をカスタマイズする事もできます。

これらエキスは、水蒸気で蒸留したり、薬品に漬けて溶かし出すという方法で抽出されます。

たとえば、顔のくすみが気になる人にはローズ系のエキスや紫根エキスが良いですし、シワにはプラセンタエキスが効果的など、そのエキスによって効果は様々です。

効果効能を知ってから化粧品を選ぼう

逆にそのエキスが、現在の肌悩みには逆効果だという事もあります。乾燥肌の人が、皮脂の分泌を抑え込むエキスを使用しても意味はありません。

ですから、スキンケアを始める前に、お使いのアイテムの中にはどのようなエキスが配合されているかをチェックされることをお勧めします。

イオンでスキンケア

自宅でも、イオンの力でスキンケアが行える時代がやってきました。以前はエステサロンへ通うか、何十万円もする大きな機械を購入しなければならなかったのに、今では手のひらサイズの美顔器ばかりですね。

イオン導入は、角質の奥へ届けたい成分を、イオンの力で届けてあげるというスキンケア方法です。

たとえば、ビタミンC誘導体はイオン導入できるものがほとんどです。ビタミンC誘導体が肌の奥に届くと、顔のくすみがぱっと晴れ、毛穴も目立ちにくくなるのです。

イオン導入は、ローションパックのようにシートを張り付けた状態で行いますが、痛みを感じることもありませんので、お手軽に取り組める方法ですね。

最近では、イオン導入が出来るヒアルロン酸も登場しましたし、より幅のあるお手入れができるようになりました。

イオン導入は、プラスとマイナスの電子の作用を利用したものです。電子の力で有効成分がお肌の奥に届くのですから、利用しない手はありませんね。

電子の力で有効成分がお肌の奥に届く

気をつけたいのは、有効成分とともに不必要な成分までお肌の奥に届けてしまわないようにするという事。

イオンの力を利用したスキンケアでは、特に使用する化粧品アイテムに気を配ることが大切です。特にトラブル肌が使う場合はコツが必要です。注意しましょうね。

オーガニックスキンケア

スキンケアを行いトラブルを経験した人は、オーガニックに辿り着くかもしれません。スキンケアでいうオーガニックは、合成された成分を一切使わない、天然成分だけで作られた化粧品を指します。

たとえば、通常ですと合成界面活性剤を使用して乳化させるところを、レシチンなどの食品に使用されるほど安全性の高いもので乳化させます。

また、オーガニック化粧品は、その使用成分の素材自体、無農薬栽培されたものを使用するメーカーも多いようです。

少しでもお肌にとって不自然なものは取り除く。これがオーガニック化粧品の考えなのですね。

メイクアップ商品にも、オーガニックのものは多々あります。顔料自体も天然素材で作るのですね。

ただ、ニキビ肌などのトラブル肌でしたら、特にスキンケア用品だけをオーガニックに変えるという事は辞めたほうが良いです。

お肌にとって不自然なものは取り除く

なぜかというと、「皮脂や汗に強い」とされているベースメイクなどは、絶対に強い洗浄力のあるクレンジングなどでないと落としきれないからです。

オーガニック化粧品は、お肌にとても優しいのですが、オーガニックに切り替えるならばメイクアップ用品もオーガニックに変えたほうが良いです。

しかし、切り替えて半年もたつと、見違えるほどきれいなお肌が手に入っているかもしれません。オーガニックだからといって、アレルギー反応が出ないわけではありませんので、ここは一般の化粧品と同様、サンプルから始めるとよいですよ。

広告