オールインワンスキンケア

オールインワンスキンケア

忙しい現代人のために、オールインワンというスキンケアのアイテムが販売されています。

オールインワンは、all in one。つまり、たったこの一つのアイテムに、全ての機能が備わっているという意味のスキンケアアイテムという事です。

化粧水、乳液、美容液、下地が一つに、というものもあれば、それに加えてUVミルクの役割を担うものまで登場しています。

洗顔後にオールインワン化粧品を使えば、後は寝るだけ。時間がない朝も大活躍でしょう。

オールインワンのタイプは、ほとんどがゲル状で、コンテナに入った状態で販売されています。スパチュラが付属していることが多いのですが、ない場合もあります。

オールインワン化粧品は、洗髪剤でいう「リンスインシャンプー」のことです。美容師の間では、タブーとされています。

常用せず忙しい時のお助けアイテムに

実は、オールインワン化粧品も、常用して使う事はあまりお勧めできません。本当に忙しい時のお助けアイテムとして、ときどき使用するという使い方のほうが良いでしょう。

化粧水には化粧水の役割。乳液には乳液の役割があります。やはり、スキンケアは丁寧に自分の肌と向き合って、じっくり行う事が大切なのです。

スキンケアは、肌育て。オールインワンでさっと終わらせるのは、緊急の時にしたほうが良さそうです。

特に、ニキビ肌の人は、スキンケアアイテムの一つひとつが重要な役割を果たしますから、しっかりとしたアイテム選びが必要となってきます。

ニキビ乾燥肌のスキンケア

乾燥肌の人にニキビが出来ると、スキンケアのやり方を変えて余計に乾燥を進めてしまう人がいます。

ニキビは確かに皮脂の分泌も原因の一つですから、乾燥肌だと認識していてもスキンケアを行う時には皮脂を取り去ろうとするのですね。

また、そのつもりはなくても、ニキビ専用スキンケアアイテムを使用する事で、知らず知らず乾燥肌を促進させていることもあります。

すると、乾燥肌もニキビも悪化してしまい、目も当てられない状態になるのです。

乾燥肌のスキンケアはそのままに、ほんの少しケア方法を変えるだけで肌荒れを抑えるやり方があります。

それには、スキンケアアイテムを見直す必要が出てくるかもしれません。今お使いのものでは、空回りが続くだけだという可能性があるからです。

手順と使用アイテムの成分に気を配ってみよう

まずは、スキンケアの手順と使用アイテムの成分に気を配りましょう。知らない成分名があったらこれは乾燥肌に必要なものなのかという事を、自分で調べることが大切です。また、毛穴を詰まらせずに保湿させるアイテム選びも重要です。

スキンケアは「肌を健康に美しく保つため」に行うのに、一歩間違うと「余計に不健康」となってしまうこともあります。乾燥肌ですから、まずはターンオーバーを正常化させることを念頭に、ニキビも乾燥も撲滅させることが大切です。

広告