広告

ビタミンCとにきび

ビタミンCとにきび

にきびにはビタミンCが効果的な事は多くの人に知られています。野菜・果物・飲み物など、多くの食品に含まれていますので身近な成分ですよね。

具体的に、ビタミンCはにきびにどのよな効果があるのでしょう。調べると難しい単語等多く、専門家の人でもない限り全てを理解できる人は少ないでしょう。

ビタミンCは、肌の炎症を抑えメラニン色素、酵素チロシナーゼの生成を抑え美白作用もあり、また活性酸素を中和させるのでシミなども出来にくくなりますし、その他にも身体の中で様々な働きをしています。

こんな素晴らしい成分なのですが、身体の中では生成出来ませんので食事やサプリメントで内部摂取したり、化粧水や美容液を使い外部摂取するのが一般的な方法のようです。

ビタミンCはにきびにとってどのように良いのでしょうか

万能なビタミンCかと思えば欠点もあります。酸化し易く肌から浸透しにくい事です。

この問題を解決したのがビタミンC誘導体。簡単に言うと、今迄は食物や飲み物から取っていましたが、この方法で直接大量に肌から吸収させる事ができるようになりました。

にきびもビタミンCの働きにより治りやすく、発生しにくくなる事が分かっています。普段から食べる物にも気を配るような生活が大切なのではないでしょうか。

痛い赤にきび

赤にきびは、痛い場合もあるし痒い事もありますが、そこで下手に触ったり掻いたりしてしまうと、症状が悪化して痕が残ったりしてしまいますので、特に注意する必要がありますよ。

痛いと感じるのは、皮膚のかなり深い部分まで炎症が進んでいる証拠なので、早急にケアをする必要があるようです。炎症の原因は、毛穴に貯まった皮脂に、アクネ菌と言う細菌が繁殖するからのようですね。

にきびは、症状によって段階に分けられ呼び方も違いますが、初期の段階で上手に治療をすれば、痕は残らないですむようですね。段階が進むにつれて治すのも大変になり、酷い場合は皮膚科の専門医の治療が必要になるようですよ。

触ると痛いようになる前に、適切な治療や予防をしておく事が大事になりますよね。その為にも、出来る原因や治療方法など、ニキビに関する事を勉強して知識を付ける事も必要ですよ。

痛い赤にきびを作らないために生活習慣を見直してみましょう

大事なのは、痛い赤にきびを作らない事ですよね。洗顔やスキンケアで、肌を常に清潔な状態にするよう心掛け、不摂生が無いか生活習慣を見直して、ストレスが溜まらないようにしたいですよね。

赤にきびに触れて痛い時は、熱がこもり膿が溜まっている状態の可能性が高く、炎症が広がり毛包を破って化膿が広がるような事になると、痕が残ってしまいますので、汚れた手で触り潰さないように注意しましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする