にきびの色素沈着

にきびの色素沈着

にきびは色素沈着して跡に残ってしまう場合があります。 赤いにきびがさらに酷く炎症を起こしたり、化膿してしまったときなど、 色素沈着しやすくなりますので注意が必要です。色素沈着してにきび跡を作らないためにも、 なるべく早い段階でにきびを終息させたいものですね。

色素沈着したにきび跡には、赤黒く小さいほくろのようになってしまったもの、 茶色いシミのようになったもの、紫がかった色のものなどがあります。 一度色素沈着してしまうと、これらを薄く目立たなくさせるのには時間がかかります。

肌は28日周期でターンオーバーを繰り返すと言われていますね。このターンオーバーを繰り返しながら、 表皮の奥にできた色素沈着が少しずつ表面へ上がって行き、やがて外へ排出されていきます。

ターンオーバーを安定させてにきびの色素沈着を改善しよう

ただし、お肌に健全な生活習慣を心がけ、正常なターンオーバーを何度も繰り返す必要がありますので、 たいへん時間がかかります。

不規則な生活習慣やストレスなどによってターンオーバーが上手くいかない場合には、 なかなか色素沈着は改善されないばかりか、その場に色素沈着したまま居座ってしまう恐れもあります。

もしもにきびが色素沈着してしまった場合には、健全なお肌の角質のターンオーバーを安定させるよう、 さらに生活習慣のリズムを整えてあげるように気をつけないといけませんね。

ビタミンとニキビ

ニキビとビタミンは、切っても切れない関係ですね。ビタミン不足は、テキメンに肌荒れを引き起こします。そのくらい、大切な栄養素だといえるでしょう。

サプリメントでも多く見られる「肌に必要なビタミン」といえばビタミンB群。これは皮膚にとって皮脂コントロールをしてくれたり、代謝を促す作用があります。

もしこのビタミンが不足すると毛穴に皮脂が詰まってしまい、肌荒れが加速するのですね。また、細胞を修復する働きもありますから、なくてはならない存在でしょう。

また、ビタミンCは「活性酸素対策」に有効です。毛穴は紫外線を浴びると、活性酸素を放出してしまい、それが膿ニキビの元となるという研究結果も出ています。

ですから、ビタミンCを積極的に摂取する事は、肌荒れ改善には欠かせない要素のひとつとなるのですね。

このように、ビタミン不足は肌荒れの元ですから、積極的に摂取して欲しいと思いますが、その人によっては必要なビタミン、その他の栄養素が異なる場合も多々あります。

ですから、あなたにとって「必要な栄養素や食材が何であるか」を把握することが第一歩となるでしょう。ニキビが出来る場所や、その種類によって判断する事も出来ます。

あなたにとって必要な栄養素を把握することが第一歩

ビタミンを摂取する際、手軽だからとサプリメントで補給する事を選択する方が多いのですが、ひとつ注意事項があります。

それは、「添加物が少ないサプリメントを選ぶ」ということです。添加物が内容量の半分以上、粗悪品だと80%は添加物というものもあります。それでは、添加物をせっせとお金を出して摂取しているのも同じ。

また、添加物が多いビタミン系サプリメントは、身体が「不必要なものだから排出しよう」として、必要なビタミン成分まで排出しようとしてしまいます。摂取している意味がありません。

ニキビにビタミン摂取は欠かせませんが、まずは「あなたが最も必要としているビタミンは何なのか」をチェックするようにし、食事から摂取するようにしてくださいね。

広告