広告

にきび跡の美容整形

にきび跡の美容整形

美容整形でにきび跡の治療を施しているところも多いようですね。

美容整形でのにきび跡の施術方法としては、レーザー治療により表皮を削る、 ピーリング剤で肌を削る、ラジオ波を当てるなど、いろいろな方法があるようです。

にきびが跡になって色素沈着が取れなくなってしまったものや、クレーター化してしまったものなど、 自分でできるケアだけではどうしようもなくてプロの施術を望まれる方には美容整形も一つの手段でしょう。

ただ、レーザー照射による火傷や、ピーリングによる痛みや赤みなど、 後で後悔したりトラブルにならないよう、どのような方法で施術するのか、 信頼して安心して任せられるかどうかについてもしっかり調べて検討することが大切です。

にきび跡の美容整形は本当に自分に必要か

美容整形と言ってもおのおのの技術や施術方法、 取り揃えている機材などによっても成果は違ってくると思います。さらに、 施術費用についてもそれぞれの美容整形によって基準が大きく異なることも少なくないでしょう。

もし、あなたが美容整形でにきび跡の施術を希望しているのであれば、 施術の方法や費用は自分の希望に沿った内容であるかどうか、 本当に自分にとって必要かどうかについてもよく検討し、十分に納得してから受けられるようにしましょう。

チョコラBBとニキビ

ニキビといえば、チョコラBB!そんなイメージがあるこの商品は、第三類医薬品に該当するため、薬剤師のいるお店にしか置いてないはずです。

チョコラBBは、その薬の説明が法的に強制はされていません。健康を損なうほどの副作用があるようなお薬ではないという風に捉えて良いかもしれません。

さて、チョコラBBは「肌荒れに効く」というイメージが強いのですが、実は口内炎や口角炎、目の充血やかゆみの症状も緩和する働きがあるのです。

チョコラBBの「B」は、ビタミンBのこと。B1、B2、B6というビタミンB群が配合されており、それらビタミンの特徴を生かして、肌荒れを改善しようという種類の薬になります。

ビタミンB群は、細胞を修復したり粘膜を正常に保ったり、摂取した糖質の代謝を助けます。

これらの働きを利用しようと、チョコラBBが開発されたのでしょう。ビタミンB群以外にも、ナイアシンやパントテン酸が含まれており、相乗効果で症状を緩和させます。

昔はチョコラBBも種類は一つでしたが、現在ではドリンクタイプのものやシミを改善させる為のチョコラBBルーセントCというものまで発売されています。

チョコラBBも親戚が沢山出来、どれが自分の肌に合うのか迷ってしまうほどです。あなたがニキビでお悩みなのであれば、やはり肌荒れやニキビにポイントを当てた種類のものを選ぶほうが懸命でしょう。

ニキビの再発リバウンドに気をつけて

ただチョコラBBに限らず、この様なお薬に頼るときに気をつけたいのは、「薬をやめた途端、ニキビが再発、リバウンドのように悪化した!」という事の無いようにすることです。

つまり、現在の間違ったスキンケアや生活習慣、食生活を続けていては、せっかくチョコラBBで「今あるニキビ」がなくなったとしても、また新たなニキビが増えていくことになり兼ねないという事です。

チョコラBBを上手に利用するには、やはりあなた自身の「ニキビの原因」を根本的に見直し、改善させていくことが最も重要になるのですね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする