広告

女医の皮膚科

女医の皮膚科

皮膚科に行くなら、女医の先生に診てもらいたいという人も多いかもしれませんね。

顔というのは第一印象を決定付けるとても大切な部分ですし、お肌はとてもデリケートだから、 なんとなく男性よりも女医の先生のほうが細やかに治療を施してくれそうな気がします。

それに、女医の先生のほうが、 生理不順などホルモンバランスの乱れからきているにきびの場合にも相談しやすいかもしれませんね。 他にもお化粧をしてもよいのかどうかとか、 女性同士のほうがアドバイスもより的確にしてくれそうな気もします。

ただ、必ずしも皮膚科に女医の先生がいるとは限りませんし、 いたとしても診療を担当されている曜日が決まっているかもしれませんね。その日に行っても、 診療の待ち時間が長くてなかなか診てもらえない、ということもあるかもしれません。

女性同士の相談をしやすい女医の皮膚科

男性の医師であっても、 これまでにたくさんのにきびの症例を治療されていて実績のある先生はたくさんおられるはずです。

でも、どうしてもあなたが「女医の先生にこだわりたい」という場合には、 インターネットで検索したり電話で問い合わせるなど、 前もって女医の先生のいる皮膚科を調べてみられるといいでしょう。

ニキビ改善レシピ

ニキビに効くとされる、改善レシピというものがあります。レシピですから、おかずのレシピのことを指すのですが、その効果のほどはどうなのでしょうか。

改善レシピは、栄養学的な考え方で構成された「おかず」になります。つまり肌荒れの改善を、食事という点から考えて改善へと導きましょうという事ですね。

ぽつんと赤く盛り上がるまで、肌は様々な影響を受けてきました。紫外線もそうですし、栄養過多なスキンケアや、不潔、睡眠不足やストレスなど、多くの要因が絡んでいることが多いです。

その中で改善レシピは、「ある栄養素が不足しているから出来てしまった。だったら、その栄養を積極的に摂取すれば改善出来る」と期待して作られたものです。

例えばサプリメントでもよく見られるビタミンB群。改善レシピでは、サプリメントからではなく、食事としてこれらの栄養素が摂取できるような内容になっています。

改善レシピでは、モロヘイヤやブロッコリーなどの野菜はもちろん、納豆やまぐろなどの魚が目立ちます。他にも、食物繊維が積極的に摂取できるようなメニューもあるようです。

しかし、改善レシピを参考にする上で、意識して欲しいことがあります。それは、あなたの肌が必要としている栄養素(食材)が何であるかを、しっかりと自分自身で把握した上で参考にして欲しいということです。

不足した栄養素を補うニキビ改善レシピ

例えば改善レシピを見て「肉類は良くないから白身の魚を!」など、良かれと思って食事改善に取り組んでも、あなたの肌(身体)は「違うよ、鶏肉と青みの魚が欲しいよ!」と言っているかもしれませんね。

それを忘れず、改善レシピを参考に食事改善に取り組むという事は、案外皆さん見過ごしているようですから気をつけましょう。

あなたの肌が欲しがっているものさえ知ることが出来れば、ニキビの改善スピードは、ぐんと早くなりますよ。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする