広告

敏感肌とは

敏感肌とは

最近よく耳にする「敏感肌」という言葉。 一体正常な肌とどのような違いがあるのでしょうか。 それを知るには、お肌事をもっと良く知ることから始めましょう。

敏感肌とは、外部からの刺激に敏感に反応してしまう状態を指します。 化粧水が染みる、異常にカサカサする、痒みが増す、外出すると顔が真っ赤になるなどなど。 正常な肌状態では考えられないようなことでトラブルを招きます。

実は、お肌の表面は「死んだ細胞」で守られています。 基底層という場所で生まれた細胞は、ゆっくりと肌表面に押し上げられ、 角質として肌表面に上がってきた後、正常な状態であれば生まれて28日目に自然と剥がれ落ちるのです。

ところが敏感肌の人は、何らかの原因でターンオーバー周期が乱れていることが多いのです。 周期が短すぎると、育ち切れていない細胞が表皮に押し上げられてきますから、 上手くお肌を外部刺激から守ってあげる事が出来ませんね。

敏感肌の人は正しいスキンケアの方法を知ろう

また、洗顔のしすぎなどにより、 過度に角質を削ってしまうことによって敏感肌となってしまった人もいます。

敏感肌の人は、正しいスキンケアの方法を知ることで、このような事態を避ける事が出来ますよ。 特に肌の構造と、今の自分に何が必要なのかを把握するように心がけましょう。

にきびと敏感肌対策

にきび肌で敏感肌な人の対策はあるの?! そう悩んでいる方も多いのではないでしょうか。でも、深刻に考えなくても大丈夫ですよ。 そもそもにきび肌はデリケートですから、対策方法が似通っているんです。

例えば洗顔。にきびで悩む方は一日に何度も洗顔を行いますが、実はやってはいけない事をしているのです。 あれだけ洗顔を行えば、にきびに刺激を与えない方が難しいですから、 本当は朝夕の2回を泡洗顔するのさえ多い位。

敏感肌の人も、洗顔などの対策は取られているでしょうが、 それもこれ以上肌の状態を悪化させないための対策ですよね。

どちらも、対策のポイントが「刺激を与えない事」であるならば、 対策のベクトルは同じ方向を向いているはず。でしたら、相応のケアをしてあげれば良いですね。

にきびがあって敏感肌の人の対策方法

にきび肌も行える具体的な対策としては、洗顔方法や、使用するスキンケア用品の選び方、 日常生活を送る上での注意事項をしっかりと踏まえていれば大丈夫。過度の洗顔を避ける、 刺激を与える成分が配合されていないものを選ぶなど、しっかりとした正しいケアを行いましょう。

にきび肌の人も、対策を練る以上はお肌の知識や正しいケア方法を学ぶ事が必須。 今すぐアンテナを立てて、情報を出来る限り集めてくださいね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする