にきびの悪化

にきびの悪化

にきびも、ほおっておいたり、対策を間違えてしまったりすると、悪化してしまうことも。跡に残ったら大変。

普段の肌荒れが、赤みが増してきていたり、乾燥が粉がふいたようになっていませんか。それは悪化のサインかもしれませんよ。

脂肌の人や、思春期の脂の分泌が気になる時には、少しでも清潔に保とうとして、過剰に洗顔している事が多くみられます。洗った後にピリピリとしたり、つっぱった感じになっていませんか?実はそれは洗いすぎて皮膚のバリアがなくなっている状態なんです。

皮脂を洗い流しすぎて、水分も失ってしまった肌は、乾燥してしまい、角質が厚くなり、雑菌が入りやすい状態になってしまうんです。にきびも悪化の一途をたどる一方。

皮膚をきれいに保つことは悪化を防いだり、そもそもトラブルを作らない為には大切なこと。でもやりすぎは禁物。適度なケアが望まれます。

にきびを悪化させないためには皮膚のバリア機能を正常に保ちましょう

思い込みの間違えたケアを行なっているケースも多いんです。いくら適度なケアをしても、正しいケアじゃないと、意味がないですよね。

にきびが悪化してしまうと、肌だけでなく気持ち的にも晴ればれ出来ませんよね。それがストレスになって更に悪くなる前に、すっきりと治してしまいましょう!

ニキビと保湿成分

ニキビ対策には保湿成分のある化粧品がかかせません。皮脂を落とすことだけに夢中になっていませんか。ゴシゴシ洗顔したり、あぶらとり紙を数分おきに使用したり、間違ったスキンケアは、トラブルの悪化につながるんですよ。

肌がきれいな時とは、保湿成分が行き届いていることをいいます。少ないと、乾燥肌や脂性肌となってしまいます。

乾燥したとき、肌は油分を出し水分を保とうとします。このときの油分が皮脂であり、アクネ菌のエサになります。

保湿成分が大切であるということは、このことから十分分かりますね。正しい洗顔と同時に行っていけば、より早く、ニキビの改善につながるのです。

洗顔のあと、保湿成分のある乳液、化粧水をつけて水分を保ちましょう。決して洗いっぱなしにしてはいけませんよ。

保湿成分を補って水分を逃がさないようにしましょう

また、保湿成分にも色々な種類があります。ご自分の肌とよく相談して選びましょう。

ニキビには、保湿成分がとても重要。今までの自分勝手なスキンケアは卒業して、正しいケアを行いましょう。

広告