広告

にきびを作らないために

にきびを作らないために

お肌の悩みの第一位がにきび。「作らない」為にはどうすればいいのでしょうか。

「にきびを作らない」方法って、基本にはその他の肌トラブル改善方法と同じ。規則正しい生活に睡眠、バランスの取れた食事とココロ、正しいケア。

まず規則正しい生活です。夜更かしや睡眠不足は体にも肌にも大敵です。「作らない」どころか、体のトラブルを歓迎しているようなものです。

次にバランスの取れた食事とココロで「作らない」。脂っぽいものを摂り過ぎるのも良くないですが、全く脂ものを食べないと、カサカサになってしまいます。ビタミンたっぷりの野菜やミネラル豊富な海藻類と一緒に、それこそバランス良く摂り入れるのがベストです。

全てに関係しますが、体が不調だとココロにも不具合が生じて、ストレスとなるんです。気持ちのバランスは体のバランスに比例するので、ぜひ自分の体を十分にいたわってあげてくださいね。

にきびを作らないために正しい対処法を身につけましょう

最後に正しいケアで「作らない」努力をしましょう。肌は適度な脂分で水分や美容成分の蒸発や排出を抑えています。その為、これを過剰な洗顔で洗い流してしまうとせっかくのケアも台無しです。肌の調子を見ながら、適度なケアを心掛けましょう。

にきびを作らない為には、無理をせず、自分をいたわりながら、ゆったりとしたココロで過ごすことが大事。できてしまった後のケアよりも、事前のケアを心がけましょう。

シャンプーの成分

シャンプーを選ぶ時に、しっかり成分表をチェックしていますか。ご自分の髪に直接つけるものなのに、何で作られているか分からない、なんてことはないですよね。

成分表示は、製品の裏などに必ず記載されています。シャンプーを購入する際は、流行りものに流されず、きちんと表示をチェックしましょう。

シャンプーの全ての成分表示を見ても何がなんだか分からない、という方。それでしたら、最初の5つだけでも必ず目を通して下さい。含まれている量が多い順に、表示していますので、それだけでも十分、参考になります。

肌や髪の状態に関わらず、避けた方がいい成分があります。それは石油系界面活性剤がはいったものです。

これらは「ラウレス」という名前がついた物質全般を指します。これらは洗浄力が強すぎ、頭皮に必要な皮脂やキューティクルが剥がされてしまいます。

逆に、おススメのものはアミノ酸系の成分が配合されたシャンプーです。洗浄力が優しく、髪の汚れだけ落としてくれます。

シャンプーは成分をしっかりチェックしてから選びましょう

また、この成分には髪の栄養であるたんぱく質をくっつける効果もあります。傷んだ髪を補修してくれることもあります。

ひとえにシャンプーと言っても、成分ひとつで髪に与える効果は大違いです。体につけるものは常にアンテナをはってチェックしましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする