広告

ばいばい、にきび

ばいばい、にきび

出来てしまったにきびには少しでも早くばいばいしたいもの。どんな方法があるのか考えてみましょう。

様々な原因を考えて、それを避けるといいですよね。計画をたてて、上手に実践してみましょう。

そこで、「ニキビばいばい計画、その1」です。まずは規則正しい生活とたっぷりの睡眠時間をこころがけて。肌の再生は睡眠中に行われるので、改善の為には欠かせません。また、睡眠は体の疲労回復などにも大切です。

「ばいばい計画、その2」。運動やストレッチで新陳代謝を高めましょう。新陳代謝が上がると、肌の再生も促され、肌トラブルもかなり改善されます。

「ばいばい計画、その3」ですが、体や肌や、全てにおいて悪い影響を与えているのが、ストレスです。上手にストレス発散できるように、趣味などを持つといいですね。

「ニキビばいばい計画」で、つるつるお肌を目指しましょう

次の「ばいばい計画」ですが、今使っている肌ケア製品を見直すこと。化粧水や美容液をはじめ、シャンプーやボディソープに至るまで、本当に自分に合っているのかを確認してみましょう。

にきびにばいばいする為には、トータルケアが必要。生活自体を見直すことが大切なんですよ。つるつるお肌を目指しましょう。

リンスとニキビ

背中のニキビの原因の一つがリンス。よく考えてみてください。髪の毛って、顔や背中に密着していますよね。ですからお肌のことも考えながら髪のケアする必要があるんですよ。

リンスの使い方で間違いが一番多いのが、つけるタイミング。シャンプーの泡をしっかり流した後、リンスをつけたまま、体を洗って一気に全身を流していませんか。

実はこの方法だと背中にリンスが残りがち。これでは背中が荒れて当たり前。

さらにリンスが背中に残ったまま湯船につかると、背中の毛穴が温まって開き、残った泡に含まれた皮脂やフケが入り込みます。こうなると毛穴がつまります。

毛穴がつまると炎症を起こします。また、肌の生まれ変わり機能であるターンオーバーを出来なくなってしまうんです。お肌の状態はどんどん悪くなってしまうんですね。

リンスを残さないためにも、洗ってして流す工程をひとつひとつ独立させるのが正解。また、湯船につかってから洗浄したほうが毛穴の汚れも取れて効果的です。

リンスはつけるタイミングが大事です

背中のニキビは、リンスの仕方一つでも改善に向かうことがあるんですね。是非お試し下さい。

でもニキビの原因は一つではありません。色々な要因が重なった結果です。リンスのやり方を変えるだけで満足せずに、色々な情報を集めて、正しいトータルスキンケアを心がけましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする