広告

ストレスとにきび

ストレスとにきび

にきびの原因のひとつと言われているのがストレス。仕事、家庭、人間関係。色々なところで不満を溜め込んで、我慢していませんか。

思春期に起きるにきびなどの肌トラブルは皮脂の分泌量が多く、毛穴につまって炎症を起すことが原因。しかし、オトナの肌荒れは、生活習慣やホルモンの乱れ、そしてストレスが原因で起こってしまうもの。

ストレスを感じると、体内の血管が収縮し、まず血流が悪くなります。そして、ホルモンバランスが崩れることにより、肌にも影響してくるのです。

ホルモンバランスが崩れだすと、肌だけでなく、体のほかの部分にもいろいろな支障が出てきます。ストレスは万病の元。上手に発散しましょう。

ではそのために、どうすればよいのでしょうか。ストレスは人により程度も原因もそれぞれ。趣味やスポーツなど、自分に合った方法で解消する必要があります。

一日のうちに一時でも、ゆっくりと温かい飲み物を飲みながら過ごす時間を作るだけでも、気の持ちようは変わってきます。上手に気持ちの切り替えをして、過ごしていく習慣をつけると良いですね。

ストレスが原因なら他の影響が出る前に自分に合った解消法を探しましょう

生活の中には、仕事や人間関係やその他いろんな要因で、ストレスを感じることがたくさんあります。にきびの為にも、体の為にも、そして心の為にも、ストレスフリーな生活を心掛けましょう。

体のニキビとシャンプー

背中のニキビの原因の一つ。シャンプーのすすぎ残し。髪の毛はしっかり流しても、体に泡が残ったまま、なんてことありませんか。

シャンプーで頭皮を洗った泡は、余分なフケや皮脂、ホコリをたくさん含んでいます。その泡を流し忘れるなんて、汚れを体中に塗りたくっているようなもの。

頭をしっかり洗って、泡もしっかり流した。でも体だってしっかり流さないと、ニキビなどの肌トラブルの原因になってしまいまうんですね。これを防ぐには洗う順番が大切。

上から順番に洗うのが1番いいですよ。まずシャンプーして、顔を洗って、ボディーソープで体を洗う。こうすると流し忘れがなくなりますよ。正しい習慣を身につけましょう。

流し忘れによるトラブルは、何もシャンプーに限ったことではありません。洗顔料も、ボディーソープも体に残したままは絶対にだめ。肌がどんどん炎症を起こしてしまいますよ。

体に残ったシャンプーの泡はしっかり落としましょう

流す時だけでなく、拭く時も上から順番をおすすめします。ゴシゴシこするとお肌をいためてしまいます。頭皮もやさしく拭いてあげてくださいね。

もちろんニキビが出来る原因は、流しそびれたシャンプーが体に残るなど、直接的なものだけとは限りません。日ごろの行いをじっくり振り返ってみるのも大事ですよ。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする