肌の構造とにきび

肌の構造とにきび

にきびケアのため、毎日、鏡をのぞき込む。でも一生懸命ケアしているその肌の構造はご存知ですか。

肌の構造は、三相構造になっています。表皮、真皮、皮下組織、の3つで構成されています。これらの層が、それぞれバランスよく保たれることによって、肌の健康も保たれるのです。

「肌の構造」の「肌」とは、表皮層を指します。トラブルの多くは表皮~真皮の間で起こります。また、その表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層に分かれています。

角質層は肌の構造の中で、紫外線や細菌などの外的から肌を守る「バリア機能」を持っています。角質層の表面は、水分が蒸発するのを防ぐ皮脂膜で覆われています。

ですから皮脂をとりすぎると、角質層の水分が蒸発してしまうんです。それがいわゆる乾燥肌ですね。

そのほかにも肌の構造を知ることによって、にきびや肌荒れの原因が分かりますね。対策もしやすくなります。

肌の構造を知ることで原因を追及し正しいケアを行うことができます

肌の構造は複雑です。ですがそれを知ることで、自分の行なっているにきびケアが、なんのために行われているか知ることができますね。正しいケアでつるつるお肌を手に入れましょう。

ニキビにシリコンフリー

ニキビのときは、シリコンフリーの洗顔料や化粧品の使用を一度、試してみてくださいね。改善されることがありますよ。

シリコンフリーとは、シリコン系の成分が一切入っていない商品のことをいいます。肌に刺激が少ないのが特徴です。

でも要注意。ニキビ改善のためにとシリコンフリーだけの文字を見て、成分表示をちゃんと見ないと、意外な落とし穴に引っかかってしまうこともあります。

シリコンフリーと書いてあっても、他のコーティング剤が配合されていることもあるからです。よく成分表を見てください。

コーティング作用は、一見、潤いのある髪の毛やお肌を作ってくれます。でも保湿や浸透を妨げてしまうのが問題。

シリコンフリーの商品を購入するときは成分も確かめて

さらにシリコンフリーは化粧品などだと崩れやすいこともあります。単純に肌に合わないこともあります。パサパサした髪を余計に痛めてしまうこともあります。

そうは言ってもニキビ対策に、やっぱりシリコンは避けたいもの。シリコンフリーという文字に、踊らされず、しっかり成分を把握して洗顔料や化粧品を選んで下さいね。正しい知識を持つと、流行に流されずに、自分のお肌に合った商品を探すことができますよ。

広告