にきび跡クレーター

にきび跡クレーター

クレーターとは、一体だれが名付けたのでしょうね。あの形状をよく言い表せています。 まさにお月さまのデコボコのようで、鏡を見るたびに悲しくなってしまいます。

ですが、クレーターだからといって諦めるのは、まだ早いですよ。 確かに、生まれたての赤ちゃんのような肌になるのは難しいでしょう。 ですが、今や平成の時代です。医療も発達していますから今より充分綺麗な肌を取り戻せるでしょう。

別のカテゴリでもお話ししましたが、野球の松井選手のように改善させることは可能です。 完璧とは言えなくても、彼ほどのお肌があそこまで変化出来たのです。

クレーターは、真皮まで傷を負っている状態ですから、コラーゲンがキーポイントとなります。 とにかくへこんでしまった部分を、医学の力で盛り上げてあげるのです。

ケミカルピーリングで、クレーター周りの角質を溶かす(削る)だけでも、大分目立たなくなるそうです。 しかし、重度となるとより積極的な働き掛けが必要になるでしょう。

クレーターのようなにきび跡を改善するには

レーザーやフォト治療でクレーター部分の真皮を活性化させると同時に、コラーゲン注入などを行えば、 早く復活させる事も可能です。ですが、それだけお金がかかりますので塾考してから決断しましょう。

女性はクレーターが浅ければ、お化粧でごまかせる事もあるかもしれませんが、 男性ですとそうも言っていられませんね。 それなりのリスクも考慮して、一度カウンセリングをお受けになる事をお勧めします。

アクネフリーと敏感肌

アクネフリーとは、アクネトリートメントと同じ商品です。 正式名称としては「アクネフリー3ステップトリートメント」と言います。

アクネフリーの特徴は、アクネトリートメントでご紹介したとおりです。 ただ、先ほどお伝えし忘れていた事があるので、こちらのカテゴリで再度お伝えしたいと思います。

まず、プロアクティブとの比較を盛んにしている会社なのですが、 これはきちんとした第三者機関に依頼をして、科学的に実証したからこそ強く言えているそうです。 日本ではそれほど浸透していないようですが、大々的に広告をしているかどうかの差だと言えるでしょう。

気をつけるべき点が、アクネフリーにはいくつかあるようです。

まず、敏感肌の人はアクネフリーの使用を避けなければならないのです。 どれだけ強い成分が入っているのでしょうね。もともとニキビ肌は敏感なお肌なのですが、 大丈夫なのだろうかと不安になるのは私だけでしょうか。

敏感肌の人には向かないアクネフリー

更に、アクネフリーを使用している最中は、紫外線を避けなければならないようです。 普段以上に気を使う必要があるのでしょうね。 あるサイトでは「油分の無い日焼け止めを使うように」との注意書きもありました。 油分のない日焼け止めって、探すのも大変そうです・・・。

あまりにも強い作用がありそうなので、自分の肌が使用に耐えられるのかどうかを見極めるのは難しそうですね。

広告