広告

ニキビ跡しみ

ニキビ跡しみ

「にきび跡がしみになった」という言葉を耳にすることがありますが、 にきび跡=しみだという認識でお話をしてまいりますね。

にきびが炎症をおこしたとき、炎症部分に紫外線が当たる事で大量の活性酸素が生まれます。 この活性酸素がくせもので、後々跡となってあなたを苦しめ続けるのですね。

しみですから、ビタミンCを飲んだり、スキンケア用品に配合されているものをお使いになると、 初期でしたら無くなる事もあるそうです。

ですが、年齢を経たしみでお悩みの方ならお分かりの通り、年を重ねるごとに新陳代謝も落ちますから、 なかなか改善に至りません。

しみ対策に美白用化粧品も使ってはみるものの、ターンオーバーも乱れているので意味が無いようです。 まずは、ターンオーバーを正常に戻し、古い角質は自然に剥がれ落ちるようにしたいものですね。

しみになってしまったにきび跡

また、しみですから、紫外線を浴びる事も危険です。 ますますダメージを負ってしまい改善が難しくなります。

このように、いったんにきび跡=しみになってしまうと、注意事項は山のように増えてしまいます。 とにかく、ターンオーバーを元に戻し、活発な肌環境を作ってからケアを行うと効果も倍増するでしょう。

自宅ケアがだめであれば、しみに強い医院を探してくださいね。

赤ニキビがターゲットのアクネス

メンソレータムのアクネスを見た事はありますか?白が基調の、緑色が目立つアクネス。 なんだか効き目がありそうなパッケージですよね。おなじみの、女の子看護師さんが安心感を倍増させます。

では、アクネスをしっかりとチェックして、ニキビにどのように作用するかを見ていきたいと思います。

まず、ターゲットは「赤ニキビ」。つまり、炎症を起こしたニキビが得意分野のようです。 ビタミンCがたっぷり配合されており、洗顔料なども種類が豊富に出そろっていますし、 イオウ成分などの有効成分がこれでもかと配合されています。

アクネスは医薬部外品です。全成分を知る事は困難かもしれません。 有効成分はしっかりとHPに紹介されていますので、気になる方はチェックしてみましょう。

アクネスのシリーズは、とにかく種類が多いです。 選ぶのに迷ったり面倒くさくなったりしそうですが、 本当に自分に合う製品に出会う可能性がその分広がりそうです。

このような製品にしては珍しく、アクネスにはUVカット乳液もラインナップされていますので、 ニキビの大敵紫外線を、ニキビを悪化させることなくカットしてくれる製品があるのは嬉しい限りです。

ただアクネスは医薬部外品ですので、有効成分以外に配合されているものが気になります。 敏感なお肌に付けるものですから、消費者に確かな選ぶ目を持つ事が、何よりも大切なことかもしれませんね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする