小学生のニキビケア

小学生のニキビケア

小学生のニキビケアについては、間違った認識のままケア用品を用いている方が多い傾向にあるようです。

気にするあまり、ニキビケアの一環として、油取り紙を常に携帯している児童の方も少なくないようです。しかし、皮脂分泌が活発になり始めるこのお年頃、油取り紙の使用はあまり好ましいとは、実は言えないのです。

なぜなら、油取り紙は文字通り、顔の油分を除去してくれますが、除去しすぎることも問題なのです。にきび予防には皮脂量と肌の水分を正常に保つことが大切で、油取り紙で皮脂を取りすぎてしまうと、かえって肌の乾燥化を招いてしまうのです。乾燥肌になると、余計にきびのできやすい肌質へと変化していってしまいます。

そのため小学生のニキビケアとしては、油取り紙よりも普通のティッシュで対処するようにして下さい。拭くときもやはりゴシゴシするのではなく、Tゾーンを押さえるようにするのが望ましいです。

小学生のニキビケアは間違うと乾燥肌や敏感肌になってしまいます

ほか、このお年頃のニキビケア用品は、肌への刺激が少ないスキンケアアイテムを使用するのが良いでしょう。例えば、洗浄力の強い洗顔剤を使うと、この成長期に肌質がどんどん敏感肌へと変化していってしまいます。

ニキビケア用品を小学生のお子さんのために選ぶ際の注意点としては、石油を使用した合成界面活性剤や、香料や合成着色料が成分に入っているものは避けるようにしましょう。

小学生のニキビケアは、食生活を改善することも重要です。おやつに油分の多いポテトチップスや、糖分の多いチョコレートを出すのはなるべく控えるようにしましょう。進学する児童の方はお勉強も大事ですが、睡眠時間はしっかり取るようにして下さいね。

にきびの自己ケア

にきびを自己ケアで悪化させていませんか。誤ったケアで、跡が残ってしまった経験はありませんか。

とくに大人の方に多い背中にきび。自己ケアが難しい場所ですよね。背中は顔や首周りとちがい自分の目で見ることができません。手が届かないところもあります。

自己ケアが難しいのは背中だけではありません。もちろん顔や首周りでも自己ケアがうまくいかないことはありますよね。

自己ケアをして、効果がないという方。治ってもすぐにまた炎症を起こすという方。もしかしたらあなたのにきびケアは間違っているのかもしれませんよ。

誤った自己ケアでにきびを悪化させないようにしましょう

いつまでたっても、肌の状態がよくならないという方は、一度専門家に見ていただいたほうがいいでしょう。皮膚科などでトラブルの原因と対策を聞いてみましょう。

お肌について書かれた本などを読むことで効果的な自己ケア方法がわかることもあるでしょう。あなたのお肌に関する知識が間違っていることもありますよ。

正しい自己ケアでにきび対策するようにしましょう。肌トラブルが尽きない方はケア方法を見直してみてくださいね。

広告