10代ニキビ跡を消す

10代ニキビ跡を消す

10代ニキビ跡は消すことを考えてはいけません。たいていの場合、成人までには改善していることが多いからです。

ただし、消そうと気にするあまり、にきびを触ったり潰したりすると、結果的に痕になって残ってしまいます。それだけは避けて下さい。かゆいからと言って、かきむしるのも厳禁です。

ニキビ跡を消すことを考えるより、毎日の正しいスキンケアを初めとする予防対策を欠かさないことが重要です。

ニキビ跡を消すにはピーリングなどの美容施術法もありますが、こうした治療は成人後も症状が悪化し続け、お肌がボロボロになってしまい、悩まれている方向けの治療法です。施術費用もかなりかかります。

10代ニキビ跡は、「消す」よりも「防ぐ」が重要です

10代のうちは消すのではなく、穴やシミにならないように毎日の対策を怠らないように努めましょう。無理に取ってしまうと顔に穴が空いてしまい、クレーター状のデコボコになります。こうなると、大人になっても自力では元に戻せません。

シミもニキビ跡から出来る場合がありますが、これを避けるにはニキビが出来たときには特に紫外線に気をつけることが大切です。刺激の少ない、お肌に合った製品を選びましょう。

10代ニキビ跡は、「消す」よりも「防ぐ」です。10代は新陳代謝も成人後に比べて活発なため、お肌の再生効果も高い時期です。汚い手で触ったりいじったりせず、日々最善の洗顔とケアに努めることが肝要ですよ。

跡になったにきび

間違ったケアなどでにきびが跡になった経験はありますか。ついついつぶしてしまって、クレーターのようになってしまうと気になりますよね。

お肌トラブル同様に、跡になった原因は様々です。ですからまずお肌の状態についてよく知る必要があります。

にきびが跡になったら治すのは一苦労ですよね。ですから跡が残らないようにするのが先決です。正しいケアをすれば跡には残らないのです。

トラブルが起きた時は、ほったらかしにしたり、気になるからと触ったりしないでくださいね。炎症を起こす原因になりますよ。

跡になったにきびはどうすればよいのでしょうか

一度跡になったものへのケアですが、どうして跡が残ってしまったのか原因を探ってみてくださいね。その原因を取り除くようなケアをすればいずれ肌状態は改善するはずです。

にきびが跡になった理由には色素が沈着してしまっているもの、角質層ができてしまっているものなどがあります。例えば色素沈着にはビタミンが効果的なんですよ。

にきびが跡になったら、すぐにケアしてください。炎症がひどければ皮膚科に行くことをおすすめします。将来後悔しないためにも、早めの対策を心がけましょう。

広告