カビと背中ニキビ

カビと背中ニキビ

背中ニキビは、なんとカビが原因となっていることもあります。マラセチアという名称を聞いたことがあるでしょうか?

マラセチアはカビの一種で、アクネ菌が毛穴で増殖するように、体毛に付着して増殖しやすい真菌です。アクネ菌と同じく、やはり体に普通に常駐している菌で、増殖しなければ悪いことは何もないのです。

しかし、乾燥で増殖するアクネ菌に対して、マラセチアは湿度を好みます。多湿な日本で乾燥肌の人は、重ねて注意が必要ですね。

マラセチアというカビは、実はヒトを含めた動物の皮膚炎、外耳炎の原因にもなります。ペットを飼っている人は要注意です。マラセチアは、犬や猫の毛にも多く棲んでいるんですよ。

マラセチアをはじめとするカビは、湿度が高いと増殖するので、お風呂上りには肌や髪の水分をしっかり拭き取ることが重要です。濡れ髪のまま乾くまで放置、なんてずぼらなことはしないようにしましょう。

カビですから、増殖を防ぐにはやはり、体を清潔に保つことです。乾燥を好むアクネ菌とは反対に湿度を好むとはいえ、それは同じ。お風呂場や台所などの水場でも、きちんとお掃除が行き届いていれば、真菌の汚れが出ないことと一緒です。

こうした背中ニキビの原因となるカビは、体質的にオイリー肌の人に増殖しやすい傾向があります。乾燥肌の人は、アクネ菌を増殖させないように気をつけましょう。対してオイリー肌の人は、マラセチアを増殖させないように気をつけましょうね。

うなじのニキビ

うなじにニキビができたら、どのようにケアしたらよいのでしょうか。

襟元にできると、服にすれて腫れがひどくなってしまったり、崩れて中が出てきて衣服を汚してしまい、見た目にもよくないことになってしまいます。

うなじに出来てしまったある人は、これまで髪のケアのためのシャンプーを使っていましたが、肌にも優しい石鹸成分のものに変えたらところ、腫れ物の状態がよくなってきたそうです。ただ、石鹸成分のシャンプーは、滑らかな髪の感じがしないで、かえって髪がきしむ感じがします。

うなじの悩みが解消されるのですから、髪のきしみが多少気になっても、専用のリンスを使えば済むことです。思い切ってシャンプーを変えてみることもひとつの手段だといえるかもしれませんね。

また何故うなじ部分に出来てしまったのかを考え、集中的にケアしていく事をお勧めします。背中にできた場合には、またその対策が必要となってくるでしょう。

もちろん、うなじ部分だろうが顔だろうが、原因は同じだったという事もあります。その場合は、一つの事を改善するだけで顔も体もきれいになれる可能性も秘めているのですね。

うなじのニキビは、根気よく対処することでよくなっていきます。あきらめずに日々のケアを続けましょう。

広告