広告

内臓疾患と背中ニキビ

内臓疾患と背中ニキビ

単なる背中ニキビが、実は内臓疾患の初期症状だったりすることもあります。卵巣の病因である場合もあるので、女性の場合は特に気をつけなければなりません。

内臓疾患として考えられるのは、肝臓や、卵巣、副腎などです。ストレスなどでホルモンバランスが崩れることで起こるため、男性ホルモンニキビとも言われます。

アトピーやアレルギーの症状をお持ちで、ステロイド剤を長期に渡って使用している場合も、男性ホルモンが増加する要因になります。女性にとってムダ毛やお肌の状態は、非常に悩みの種。しかしアトピーや喘息などの対処療法で使用しているステロイド剤が、悪循環の原因になっている場合もあります。

内臓疾患の発見が遅れたら、元も子もありません。処方されている調剤になかなか効果がみられないときは、主治医に積極的に相談することが大切です。この医師は自分の話をあまり聞いてくれないなと思ったら、違う内科に変更する勇気も必要です。

内臓疾患の可能性として、肝臓が弱っている可能性もあります。皮膚科で見てもらっているけれど、背中に痛みもある、などという場合は危険です。そういった場合にはぜひ、消化器内科などを受診しましょう。

背中ニキビだけでなく内臓疾患の可能性を放置しておくと、肝炎や膵臓炎・膵臓ガンの発見を遅らせる原因になる場合があります。何より、早期発見が大事です。背中に出る症状や痛みは、体からの警告だと思っていて下さい。心配しすぎるくらいが、早期発見にはちょうどいいのですよ。

もし内臓疾患が原因でなかった場合は、あなたの生活の歪みによる身体からの警告だと捉えます。ニキビが出来ないような正しい生活を知ることからはじめることが大切ですね。

半身浴とニキビ

半身浴でニキビはよくなるのでしょうか。体を温めることで毛穴が開いて、肌の健康にもつながりそうですよね。

ぬるめの半身浴は、体をリラックスさせ、ストレス解消に効果があります。長時間お湯につかることができるので、じっくりと汗をかき、肌の新陳代謝を促す効果も期待できます。

ただ、半身浴をすれば必ず治るというわけではないですし、むしろ悪化してしまったという報告もあがっていますので、様子を見ながら行うと良いでしょう。

また半身浴よりもスキンケアが大切!スキンケアに時間をかけたい!という人もいます。そのような場合は、入浴に時間を使うことなどもってのほかでしょうが、そうだったとしてもシャワーだけで済ますことが無いように意識してくださいね。お風呂に軽く浸かることは忘れないで下さい。

夜遅く帰ってきた場合には、睡眠もしっかりと確保したいものです。ですから、週末だけトライするという方法を選択している人もいます。

半身浴に限らず、入浴中にニキビを作らせない、あるいは改善率をアップさせる効果的な入浴方法もあるようです。

半身浴でニキビを改善したいならば、じっくりと体を温めて新陳代謝を高めると同時に、ニキビ対策が体全体の健康づくりにつながっていることも理解しておきたいものです。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする