広告

背中にきびを病院で治療

背中にきびを病院で治療

背中にきびの為に病院の力を頼った事はありますか?病院といっても様々ですね。 皮膚科もそうですし、美容整形外科だって病院です。 どちらにしても、にきび治療に強いところへ通院する事が大切です。

抗生剤などを処方するほかに代表的なものとして、レーザーによる「にきび潰し」、 ケミカルピーリング、トレチノインなどの角質をはがす目的の塗り薬の処方、 ビタミンC誘導体のイオン導入などがあります。

病院でよく行われるのは、角質をはがして毛穴の詰まりを抑えることと、 炎症を抑える事を目的とした治療です。ここで注意してほしいのは、 機械の操作に熟練した医師・にきび治療に長けた病院を選ばないと、 とんでもないトラブルに巻き込まれる事があるという事です。

出来れば、病院を探すほど背中にきびを放っておくのではなく、 正しい自宅でのお手入れで悪化させないように気をつけましょう。

また、病院に行かなくても済むように行う自宅ケアでは、 どのようなアイテムを使用するべきか、 また日常生活で気をつけるべき事は何かをよく見極めて行う事が大切です。

睡眠とニキビ

たっぷりと睡眠時間が取れた日の朝は、お肌の調子も絶好調ですが、 夜通し遊んでいたり徹夜で仕事をした次の日の朝は、 最悪な肌状態だったという経験をなさった方も多いはず。

それは、睡眠中の身体の仕組みによる物なのです。にきびをこれ以上増やさないためにも、 また改善率を上げていくためにも、睡眠についての知識が必要ですね。

睡眠中、人の体の中では「成長ホルモン」が活発に働いています。 寝る子は育つといいますが、寝る子は美肌という言葉があっても良いくらい、 お肌にとっては良いホルモンなのですよ。

午前1~3時の間が最も活発に働きますが、その時間に、 夢さえ見ないよう熟睡している必要もあります。 ですがこの熟睡状態になるためには、その前に2~3時間ほど浅い眠りがないといけませんので、 美容のプロは口をすっぱくして「10時には就寝!!」というのです。

また、にきびにとってなぜ睡眠が良いかというと、夜間はお肌にも充分血液が巡ってきますので、 栄養や酸素をお腹いっぱいとる事ができるからです。 これは、新陳代謝を促しますので皮膚の生まれ変わりを促進します。

良質な睡眠がにきびを改善する

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする