広告

背中ニキビ

背中ニキビ

背中ニキビに悩んでおりませんか?ホルモン分泌が活発な思春期だけでなく、大人になってもニキビ症状を発症する人は少なくありません。

背中ニキビができるのは、背中に多くの皮脂腺が存在しているからなのです。ニキビは皮脂腺が多く集まる部分にできやすいといわれています。

背中を見る機会はあまりありません。それだけに、背中ニキビができても、なかなかすぐに気づけないケースが多くあります。 

背中ニキビの症状があまりにひどい場合、眠っている間に痒くて皮膚を掻き壊してしまい、悪化するケースがよくあります。気がついたら背中がボロボロに炎症を起こしていて、皮膚科に駆け込んだときはかなり皮膚を傷つけてしまっている、といった例も深刻です。

顔にできるニキビ同様、背中ニキビをつぶしてしまうと跡になってしまいます。夏に薄手の洋服を羽織ったときに背中じゅうニキビ跡、でこぼこお肌で水着も着られない、などということならないためには、どうしたら良いでしょうか?

背中ニキビができやすい人の特徴というのは、やはりあります。顔ニキビができやすい人や、アトピー症状、アレルギー症状のある方などです。

季節の変わり目や気候の変化に、背中ニキビがないか意識して、時々チェックするようにするとよいですよ。もし見つけたら、体質から変えるようにすると、改善スピードはとても早いようですね。

体のニキビ

体のニキビは、顔にできるものと違うのでしょうか。

どちらかだけにできる人もいれば、両方にできる人もいます。できないのに越したことはないので、できている人は顔とそれ以外のところに分けて、ケアしてあげてください。

ニキビのできる体の場所ごとに、その原因が違うようです。生活習慣や食生活、心の問題などで歪みが生じたとき、その負担部分によって発生箇所が異なるといわれています。

体のニキビは簡単に言ってしまえば「警告サイン」です。今の状態から目をそらし続けたり、言い訳をする前にお肌のケアをしてしまいましょう。

体のニキビだけではなく、顔のどの部分に出来るかによっても原因が異なりますので、まずはその原因をしっかりと追究する事が大切ですね。

体にニキビができてしまう方は、自分のストレス度合いも要チェックです。最近イライラすることが多かったり、疲れが取れずだるさが残っていませんか。にきびは体の中からケアすることもポイントです。十分な休養と栄養を取りましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする