広告

背中ニキビの原因

背中ニキビの原因

背中ニキビの原因は顔のニキビと同様、アクネ菌という体内の常駐菌も関係しています。アクネ菌とは悪い菌ではありません。

ブドウ球菌のように、誰の体にも存在する細菌です。アクネ菌は体を弱酸性に保ってくれ、他の病原菌の侵入を防いでくれる菌です。

ではなぜアクネ菌がニキビの原因になるのでしょうか。アクネ菌は酸素に弱く、皮脂が大好物です。それゆえに、皮脂の分泌が多い毛穴に特に増殖します。

ニキビの原因の一つとして考えられるのは、アクネ菌が皮脂を栄養として増殖しすぎることです。過ぎたるは及ばざるがごとし、ですね。顔だけでなく人間は背中にも皮脂腺が集中しているので、そこにニキビができやすくなります。

また原因となるアクネ菌は、紫外線に当たると活性酸素を発生します。活性酸素とは、肌を錆びさせたり、老化の要因となります。ちょっと怖いですね。

ニキビの原因として、このアクネ菌の働きもおざなりにしておくことは出来ませんね。

更に原因の一つとして気をつけたいのが、お風呂でのシャンプー、コンディショナー、石鹸の洗い落としです。きれいにしたつもりでもきちんと流さないと、皮膚や毛穴に洗浄剤や、それに含有される化学物質が残ってしまいます。

背中ニキビの原因は、長い髪の毛が直接皮膚に当たることでも起こります。敏感肌の人や、遺伝的にニキビができやすい人は、髪の毛のお手入れや、まとめたりする工夫も必要です。

このように原因は様々ですが、もっと深いところに根本的な問題を抱えている人もいるようです。まずはあなたのニキビがどうして出来るのかをしっかり把握してからケアを始めた方が、間違いはないという事です。

自力でニキビケア

ニキビケアを自力でする方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

ある方は、中国茶を飲んで体の水分の循環をよくしたり、ジャンクフードを食べる機会を減らしたり、半身浴も取り入れたりしていました。

自力でニキビケアをするときの注意点は、方法の効果の現れ方に個人差があることを頭に入れておくことです。

ではひとつご紹介しましょう。自力で行うニキビケアとして、洗顔方法を変えてみるという事です。クレンジングを変える事が、美肌への近道だといわれています。まずはクレンジングを見直してみることから始めましょう。

もしあなたが、自力でニキビケアに取り組もうと決心したならば、石油系合成界面活性剤が大量に配合されているものは、まずNGだと思ってください。

自力で行うニキビケア専用の化粧品シリーズは、いろいろな会社から出ていますが、それらの配合成分が本当に自分の肌に必要かどうかを見極めてからトライしてくださいね。

せっかく自力でニキビケアを行おうと頑張っているのに、肌が薄い人がピーリング作用のあるものを使っていては、余計に荒れてしまいます。

ニキビケアを自力で効果的に行うには、まず、続けられることから始めるのがコツです。平日の帰りが不規則で、寝不足気味な方は特に睡眠時間を削らないで、ケアを続けましょう。ポイントを抑えること。これがポイントになるのですね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする