背中ニキビの跡

背中ニキビの跡

背中ニキビの跡がひどく残ってしまうと、夏の季節やパーティなどで、水着やドレスを着ることも難しくなります。なるべく残したくないものですね。

跡として残ってしまうと、背中一面にシミのような色素沈着が起こったり、ときには肌がクレーターのようなボコボコになってしまうこともあります。

肌に色素沈着が起こるしくみは、メラノサイトという物質の活性化が背景にあります。メラノサイトは色素細胞で、炎症を起こして皮膚組織の破壊された部分にとくに発生します。これがシミのように残ってしまうのです。

そのため色素沈着の跡が残った場合は、背中を紫外線に曝さない、ということも重要になってきます。UV効果のある衣服や下着をつけたり、外出時には日傘を差す習慣をつけるのも良いかも知れません。

背中ニキビの跡を隠す様々な方法

クレーターのようなデコボコ跡になってしまった場合は、残念ながら自然回復は難しくなります。症状が出始めたとき、たとえ痒くても掻き壊さないことが大事です。

跡を作る前に、まずは跡を作らないようニキビを改善すると共に、これ以上二キビを作らせないことが重要です。

背中ニキビの跡を完全に消すことは、自力ではかなり難しいのが現状ですから、施術費用は高額ですが、あまりにも状態がひどい場合は、美容皮膚科の受診も考えてみましょう。

首のニキビ

首のニキビは、どのようにケアすると最も効率的に、かつ効果を実感しながら続けることが出来るでしょうか。

首のほかに背中や胸にもできている場合には、睡眠時間の確保や栄養バランスの取れた食事を規則正しく食べること、ストレス解消のための運動を行うことがお勧めです。

ただ、しっかり眠ったからといって極端に改善するわけではなく、やはり個人によって原因というものは様々ですから、複雑に絡み合った原因を探る必要もありますね。

皮膚の新陳代謝をよくすることが、首の部分であろうと効果的ですので、体をじっくりと芯から温め、汗をかくこともひとつの方法でしょう。

首にニキビには跡が残る前に早めのスキンケアを

また首部分の対処法として、行いたいのは肌のケアです。基本的には顔への対策と同じなのですが、ビタミン入りの美容液やローションパックなどを週2から3回程度、継続して行っていくと良いですね。

ニキビが、のどの付近全体にできてしまうケースもあります。ニキビ跡になって、肌がぼこぼこしたり色素がついて黒ずんでしまうこともありますから、本当に今のままのケアでよいのか、改めて考える必要もあるでしょう。

首のニキビは跡が残ると面倒になります。ですから、でき始めたと感じたらスキンケアを十分に行い様子をよく見ておきましょう。早めのスキンケアの見直しで、十分挽回できますので安心してくださいね。

広告