広告

吉永小百合の洗顔法

吉永小百合の洗顔法

洗顔法を変える事で、吉永小百合さんのようになれると言う話題があったようですが、聞いたことはありますか。

吉永小百合さんが、毎日している洗顔法では、用意するものは、石けん(糠石けんなど)、コールドクリーム、お湯とお水、洗面器だけで、先ずは普通にお湯で洗顔するのですが、この時に毛穴が良く開くまで、お湯の中に顔を入れておきます。

しっかり化粧をしている時は、クレンジングなどで良く落としてから、この洗顔法で顔を洗うようにする事が重要ですよ。

吉永小百合さんは、コールドクリームで残った汚れを取り去りますが、クリームの量を少し多めに使い、肌を傷つけないようにしながらゆっくりとマッサージを施します。

若さを保つ吉永小百合さんの洗顔法

さらに、吉永小百合さんの洗顔法では、最初に使用したお湯よりも少し熱いお湯を準備しておいて、クリームを拭き取った後、そのお湯に顔をゆっくりと沈めるのですが、この時、ぶくぶくと泡立つように口から息をはき、息継ぎをしながら数回繰り返します。こうする事で、毛穴の汚れの殆どが出てくるようになります。

吉永小百合さんは、軽くタオルで水分を拭き取った後に、冷たい水の中に顔をつける事を繰り返し行いますが、氷の入った冷水を使うことで、爽快感がさらに高まりますよ。

吉永小百合さんの洗顔法には、学ぶべきことが多いですね。ですが、普段から生活習慣に気を配り、バランスの摂れた食事をするなどの努力があるからこそ、綺麗な肌を作り維持できているので、真似をするなら、基本的な部分から始めましょう。

冬のスキンケア

冬になると、寒さで肌は硬くなり、血流も悪くなります。季節ごとの肌の状態に合わせたスキンケアを行いましょう。

寒い冬は、冷たい外気に肌がさらされます。手袋やブーツ、帽子などで隠しても、顔まで隠すわけにはいきませんよね。

スキンケアのためには、まずはお風呂で体を温めることをお勧めします。面倒だからとシャワーですませることは禁物。体の芯から温まり、血流をよくしてあげましょう。

お風呂の後は新陳代謝の促進するために、マッサージもお勧めです。体を解すことが肌の健康を維持します。ストレス対策にもなりますよ。

夏場と比べても、冬は乾燥しやすい時期。よりまめな保湿のスキンケアが必要です。

冬のスキンケアは血行を良くして保湿することが大切です

意外な冬の肌トラブルが紫外線。夏場はしっかりUV対策していたけど、寒くなってくると日焼け止めも塗らない。そんな方が多いですよね。季節が変わっても、太陽光には紫外線が含まれています。しっかり対策してください。

夏には夏の、冬には冬の、季節に応じたスキンケアが必要ですね。洋服と一緒に、ケア方法も衣替えしましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする