広告

RUMIKOのスキンケア

RUMIKOのスキンケア

スキンケアのプロであるRUMIKOさんは、紫外線対策にSKIN CEUTICALS(スキンシューティカルズ)や、PHYTO+とC+AHAを愛用しています。両方とも美白やシミ対策用のものです。

RUMIKOさんは10代の頃、紫外線対策をまったくしないで、真夏の太陽の下にいたことの無謀さを反省していると、ブログに記していました。

現在のRUMIKOさんにとって、シミ対策ケアと、コンシーラーはスキンケアに欠かせないものになっていますよ。

RUMIKOさんは、シミは皮膚にあるメラニン色素が沈着してできるものだと話しています。他に紫外線やホルモンバランスの変化、老化とも言われていますが、食事やストレス、運動不足など、生活習慣の見直しが重要ですよ。

RUMIKOさんは、シミは体の自然な働きであることを強調していて、そのメカニズムを知り、できにくい環境を整えることの必要性を訴えていますね。肌はメラニン色素が表面を黒くする事で、有害な紫外線を肌の内部まで侵入させないように防御しています。

肌の組織は通常28日周期で生まれ変わっています。この新陳代謝がスムーズに行われれば、メラニン色素も何ヶ月かすれば古い細胞と共に外へ排出されてしまうので、しみができたらからといって諦めないようにしたいですね。

RUMIKOさんの美白やシミに重点を置いたスキンケア

RUMIKOさんは年齢があがってきたときには、新陳代謝の問題から、スキンケアにより注意すべきといっています。年齢があがると、皮膚の新陳代謝力が低下してしまいます。メラニン色素が外に排出されなくなり、皮膚に沈着しやすくなって、その結果、シミになります。

RUMIKOさんは、忙しい毎日の中でストレスを多く抱える現代女性の一人ですが、肌の敵は紫外線だけではないとも話していますよ。岩盤浴やエステ等で、スキンケアだけでなくストレスのケアをする事も必要ではないでしょうか。

スキンケアのRUMIKOさんのアドバイスを参考に、シミのできるメカニズムを理解し、毎日のケアを続けて、シミのない透き通った白い素肌になりたいですよね。

スキンケアとポリマー

スキンケアに合成ポリマーを配合した化粧品も、多く作られています。でもポリマーっていったい何なんでしょうか。

紙おむつの吸収体に使われているのが合成ポリマー。水分を吸収して、保持してくれるんです。

そのため、シャンプーや化粧品などのスキンケア商品に合成ポリマーが使われていると、潤いがあるように感じるもの。

でもいいことばかりじゃないのが合成ポリマー。まだ化粧品に使われるようになって間もないため、どのような影響を肌に及ぼすのか、把握できていないのが現状。

付着性が強いので、一度肌に付くと落とすのが大変。強い洗浄力を必要とします。肌は悲鳴をあげてしまいます。

ポリマーの配合されたスキンケア商品には注意が必要です

なんとポリマーがにきびの原因になってしまうこともあるんです。これは避けたいですよね。

無添加化粧品、と書かれたスキンケア商品にも、合成ポリマーは含まれます。どのような名前で記載されているか、知る必要がありますね。

色々なスキンケア商品に含まれているポリマー。避けるのは至難の技。慎重にならなくてはいけませんね。一時的な潤いに騙されず、内部からの美肌を目指しましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする