スキンローションと敏感肌

スキンローションと敏感肌

スキンローションを使うと肌がヒリヒリしてしまう敏感肌の方。肌に合わない成分を使っていませんか。

今はお肌が敏感になっているから、余計なものはつけたくない。そう思って、洗顔後、そのままにしていませんか。

どんなお肌にも保湿は大切。あなたにあったスキンローションは必ずあります。諦めずに探して下さいね。

スキンローションで敏感肌をしっかり保護しましょう

例えば、ミルクスキンローション。敏感肌用のものがちゃんとあるんですよ。しなやかな潤い成分の乳液です。つるつるした肌の感触を維持してくれますよ。

スキンローションは、特にニキビなどのトラブルがないのであれば、肌の保護を第一に考え、保湿性の高いものを選びます。

男性の方でもスキンローションは欠かせません。ヒゲそりの後など、肌はとてもデリケートな状態になっているので放置はしないようにします。

そのほかにも敏感肌の方に適したスキンローションはたくさん市販されています。自分で作ることだってできるのです。お肌の潤いを取り戻しましょう。

ただし、ニキビがある場合は、ニキビ改善を視野に入れたスキンローション選びが必要になります。その場合は専門的知識を手に入れて、肌に合ったケアを行なってください。

化粧水をつけるときは肌との対話の時間

敏感肌でも化粧水は必要なのでしょうか。お肌に極力、何もつけたくない、という方も多いのではないでしょうか。

どんなお肌にも化粧水は必要です。洗顔後、そのままにして置くと、肌内部の水分が蒸発してしまい、お肌は余計悪化してしまうんですよ。

化粧水がピリピリしみていませんか。その場合、あなたのお肌にあっていないことがあります。敏感肌だけでなくアレルギーの可能性もあるので、無理に使用しないで下さいね。

まずは自分の肌に合っている化粧水を、普段から探すことが大切。乾燥やニキビなどを引き起こしてから、慌ててケアしようとしてはいけません。

洗顔後、化粧水をパシャパシャつけて終了している方が多いかもしれませんが、じっくり時間をかけて、たっぷりつけてあげて下さい。

ゆっくり時間をかけて敏感肌の状態を確認しましょう

この時間は肌との対話の時間です。ゆっくりお肌全体につけることで、どの部分が乾燥している、どの部分がオイリーだ、などが分かってくることでしょう。

手の温度と柔らかさはお肌にとってベスト。包み込むように化粧水をつけると、浸透してくれます。

目もとや口元など、細かい部分はコットンを使うのもいいですね。そのとき注意したいのが、コットンの繊維がお肌に残ってしまうこと。また使用するローションの成分にも注意して敏感肌に刺激のすくないものを選んでください。

敏感肌の方はいつもより丁寧に化粧水をつけてあげましょう。潤いのあるお肌はもうすぐそこです。

広告