広告

敏感肌のニキビ

敏感肌のニキビ

敏感肌なのに、ニキビができてしまうと対策が大変。腫れ上がったり、膿をもったりする前に、早めのケアを心がけましょう。

思春期に悩まされたニキビ。まだ小さい毛穴に、皮脂がつまって、おでこや頬に赤いぶつぶつがたくさん。

大人ニキビの原因はそれとはまた違います。ストレス・ホルモンのバランス・長時間化粧保持・家屋での空気乾燥などが影響して、皮膚に現れるものなんですよ。

そのような環境は刺激に弱いお肌をつくってしまいます。お肌が敏感になっているということなんですね。

敏感肌からくるニキビには刺激に弱い皮膚を作ってしまう環境を改善することが必要です

ですから思春期のころのニキビとは違ったケアが必要になってきます。思春期のように、肌を清潔に保てばいい、というわけではありません。むしろ過剰な洗顔や脂取りは敏感肌の状態の悪化を招いてしまいます。

洗顔や保湿、といったことはもちろん。大人ニキビ対策は生活の見直しが必要になります。食生活のかたより、睡眠不足などはお肌の大敵です。

普段から敏感肌やニキビについてよく知っていると、慌てず対処できますね。より一層細やかなケアで、お肌と付き合っていきましょう。

飛行機での保湿

乾燥する飛行機の中では、肌の保湿を心掛けたいですよね。短距離ならまだしも、海外などの長距離ともなれば、特に気になるのではないでしょうか。

よく有名人やモデルさんが「飛行機の中は乾燥するので保湿は欠かせません」と言っているのを聞きますが、皆どんな方法で対策をしているのか気になりなすよね。

海外旅行などで、10時間以上は飛行機に乗る時など、特に保湿対策が必要ですよね。化粧水やシートパック、顔用マスクなど様々な方法があるので、自分に合ったものを選ぶようにする事が大事です。

飛行機の中に、手荷物で持ち込めるものは限られている上、ペットボトルなどの液体は持ち込めないので、化粧水などを持ち込む際は形状などに気をつけたいところですよね。

飛行機の機内は乾燥しやすいので保湿を心がけましょう

長い距離の場合は、お休みタイムがあり、機内は真っ暗になるので、そのときに、シートやマスクで潤いを補給するようにしたいですね。常時乾燥が気になる場合や周りの目が気になる人は、化粧水をこまめにつけると良いですよ。

飛行機の中は肌もですが、のどの乾燥も気になりますね。マスクをつけていると幾分防げますし、一緒にリップクリームを塗っておくことで、唇の乾燥は防げますよ。

飛行機の中では、限られた方法でしか乾燥対策は出来ませんが、出来る限りの努力で、保湿に努めるようにしたいものですね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする