広告

敏感肌の洗顔

敏感肌の洗顔

敏感肌を治したい。そう思っている方は洗顔を見直してみましょう。

まずは洗顔料選び。刺激に弱いお肌用のものがたくさん市販されています。無添加石鹸、オーガニック石鹸など、種類は様々。どれもお肌によさそうですね。

もちろんいくら無添加や植物由来、と言ってもあなたのお肌に合わない成分なら意味がありません。それどころか敏感肌がもっとひどい状態になることも。どの石鹸を使うか、慎重に選んで下さいね。

お肌のために、まず保湿。それは正解です。でも、保湿ばかりを考えて、肝心の洗顔を手抜きしていませんか。手抜きは肌もすぐ察知するんですよ。

敏感肌の洗顔は正しい方法で丁寧に行いましょう

あなたの洗顔方法は正しいですか。汚れた手で洗顔料を泡立てていませんか。冷たい水や、熱すぎるお湯で、ゴシゴシ洗ったりしていませんか。すすぎは十分に行なっていますか。

ニキビができている時は特に要注意。潰さないように、優しく洗顔してあげましょう。また、ニキビを悪化させる成分が配合されていないかを、チェックする事も大切です。

洗顔を丁寧に行うことが、敏感肌解消への第一歩です。お肌をいたわりながらケアしてあげましょう。

保湿化粧水

お肌を潤す化粧水の保湿効果について、考えてみた事はあるでしょうか。殆どの人は、毎日使っているにも関わらず、詳しい事は知らないですね。

化粧水は、洗顔して水分の減った肌に補給する最初の水分ですよね。洗顔の方法によっては、洗い過ぎて砂漠肌になる場合もあるようなので、よく浸透してくれて優しい機能的なものを選びたいですよね。

どの化粧水も、つけてすぐは潤っていますが、時間がたつとどうしても乾燥が気になりますよね。しかし、美容成分の含まれたものは、外出先でも、オフィスでも潤いが持続し、化粧崩れも防いでくれるそうですよ。

保湿して乾燥をカバーできる、ということは、ハリや小じわなどのエイジングケアにも一役買ってくれます。しみやくすみは、乾燥した肌のメラニン沈着が原因ですが、不規則な食事や不摂生な生活も関係していますよ。

保湿化粧水の効果について知りましょう

最近では、化粧水にもジェルタイプのものがありますね。柑橘系の香りのするジェルもあり、付けるとその香りの効果でリラックスできて、肌も「潤ってきてるなぁ」と実感させてくれますよ。

中には、ピーリング効果のある保湿化粧水もありますが、ピーリング効果があるのに、ぴりぴりとした感じが無く、突っ張り感どころか潤いがしっかりあり、美白効果も高いので驚きですね。

綺麗にケアされた肌に、たっぷりの保湿化粧水を与えてあげて、もっちり肌を育ててみてはどうでしょうか。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする