ニキビの間違ったケア

ニキビの間違ったケア

にきびに間違ったケアをして、 さらににきびを悪化させてしまう場合があります。 間違ったケアでにきびの状態を酷くしてしまったり、 跡に残ってしまって後悔しないようにすることが大切ですね。

では、間違ったケアとはどういったものがあるのでしょうか。洗顔の方法が間違っている、 肌に合っていない石鹸や化粧品を使っている、バイキンのついた手や爪でにきびを潰す、 副作用の強い薬を使用し続けるなど、 にきびのあるお肌をさらに悪化させてしまう方法が間違ったケアと言えるでしょう。

その中でも特に注意したいのが、お肌につける化粧品などです。お肌に合わないものであれば、 使えば使うほどお肌にとってもにきびにとっても間違ったケアになってしまいます。

にきびについてはいろいろな情報が氾濫しており、にきび用の化粧品も多数売られていますね。 しかし、その商品さえ手に入れればすぐにきびが治るかのように勘違いして飛びついてしまうというのも、 間違ったケアの一つなのです。間違ったケアをしないためにも、 よく考えて書かれてあることを鵜呑みにせず、じっくり見極めることが大切です。

例えば、にきびに良いと宣伝している石鹸や化粧品なども、 もしかしたらあなたの肌には合わないものかもしれません。 天然由来成分を使用していると書かれてあっても、 泡立ちをよくするために合成の化合物がたくさん含まれている場合があり、 その成分は必ずしもあなたの肌に合うとは限らないのです。

後悔しないようににきびの間違ったケアについて知ろう

これを使えばにきびが治る、これさえ塗ればにきびは治る、 という考え方自体がそもそも間違ったケアなのかもしれませんね。

皮膚もあなたの体の一部です。あなた自身の内側から、つまり、 生活習慣の見直しなども含めあなたのにきびのできる体質をも改善してあげること、 これが正しいにきびケアだと言えるのではないでしょうか。

乾燥と肌荒れ

空気が乾燥すると、肌荒れを起こしやすくなりますね。 そのメカニズムは、一体どのようなものなのでしょうか。

空気が乾燥してくると、自然にお肌も乾燥しやすくなります。 外気の影響を受けやすい顔のお肌は、もろに影響を受けますね。乾燥しはじめたら、 スキンケアを見直す必要があります。

乾燥すると肌荒れしやすくなるメカニズム

例えば、お肌が乾燥をしてくると「守らなくては!」と皮脂を活発に分泌しようとします。 また、角質層の間にある水分が無い状態ですから、乾燥による皮向けも起こりますね。

すると、当然毛穴は詰まりやすくなります。詰まった毛穴の中は無酸素状態ですし、 皮脂や汚れが詰まっていますので雑菌が繁殖しやすくなるのです。

空気が乾燥しだしたら要注意です。アクネ菌などは、常在菌として誰の肌にもありますが、 このように季節の変わり目など肌環境が変わることで増殖することは多々あります。

これが、にきびの元となるのですね。きっちりと隙の無いスキンケアを行うと同時に、 この季節を上手く乗り越えることで美肌に近づけます。 今までのスキンケアを見直す必要があるかもしれませんね。

広告