広告

ニキビケア

にきびケア

にきびケアとして、何か特別な事はしていますか? 専用のスキンケアシリーズを使ったり、薬を使うなどが一般的なにきびケアでしょう。

にきびケアは、方法を一つ間違うと改善の早さがとても遅かったり、 酷い時には跡に残す事もありますので注意が必要です。

大切な事は、にきびケアを思い込みで実行してしまわない事。 お肌の構造や、にきびタイプも分からずに無闇やたらと、にきびケアを行っていては、 お肌も悲鳴をあげ続けなければならなくなります。

何種類もあるにきびケアの方法

たとえば、すでに膿にきびにまで発展しているのにもかかわらず、 膿やにきびの芯を出そうと指で押しつぶすなどは、その典型です。 また、健康な周囲のお肌までも脅かす、強い酸を使用したピーリングなどは避けて欲しいものですね。

にきびケアは、実は何種類にもその方法が展開されるのです。 ですから、にきびケアを行う際は、出来れば専門の人にいつでも質問が出来る態勢を整えつつ、 実行していく事をお勧めします。

赤にきび

にきびの色が赤でしたら、 どうかこれからお話しすることに、充分注意を傾けていただきたいと思います。 跡に残さないためにも、大切な内容となります。

にきびの色と言えば「赤」を思い浮かべますが、実は色が赤となった時点で「第二段階」 に来ているとお考え下さい。にきびの第一段階は白にきびなのです。

白にきびが赤に変わった時点で、毛穴の中は炎症を引き起こしてしまっています。 それも、誰の皮膚にもある常在菌、アクネ菌が大暴れをしている状況です。

初期の段階で、適切なケアを施していれば状況はまだ良かったのですが、 第二段階ともなれば迂闊に触る事は避けたほうが賢明です。

とはいえ、色が赤だからといって、すぐに跡になるとは限りません。 ただし、それも適切な扱いを行わなければ分かりませんからご注意くださいね。

まず、第二段階・赤の色になった際は、紫外線を無防備に浴びる事を避けてください。 というのも、紫外線は活性酸素を生み出し、よけいに炎症が進んでしまう恐れがあるからです。 日焼け止めも良いですが、出来れば帽子や日傘など、物理的にカット出来るとなお良いでしょう。

赤色のにきび跡に残さない為に

また、スキンケアを正しい方法で行う必要があります。まず、赤いにきびを潰さないように気を配り、 かつ毛穴を清潔に保つようにしなければなりません。

食事や入浴方法に気を配る事で、沈静化する事が多々あります。 情報のアンテナをしっかりと立てることをお勧めします。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする