ニキビ跡

ニキビ跡

にきび跡と呼ばれるものにもいろいろと種類があります。

にきび跡の中でも、比較的軽いものは薄く残った色素沈着でしょう。 肌にシミや薄いほくろのように黒っぽく色素が残るもの、 凸凹はないが赤い色素沈着が残ってしまったものなどです。

ひどいにきび跡になると、肌の表面が窪んでクレーターになってしまったもの、 皮膚が隆起してケロイドのようになったものなどがあります。

にきび跡を作らないために、もしにきびができてしまった時には、 にきびの状態が酷くならないよう、早めに正しい方法でにきびを治しましょう。 そして、それ以上にきびを悪化させないようにする必要があります。

食生活や生活習慣を見直すなどして、にきびのできた原因を取り除き、 新たに次のにきびが出現しないように予防もしなくてはなりませんね。

いろいろなにきび跡

すでにできてしまっていたにきびがきちんと治り、にきびの原因が取り除かれて、 次の新しいにきびが再生されなければ、そこでにきびとは縁が切れますね。

しかし、ひとたび跡になってお顔の上に残ってしまうと、 にきびが治った後もお顔ににきびの印がずっと残ってしまいますから、 にきびを跡に残さないためのケアが必要です。

食べ物と肌荒れ

肌荒れと食べ物には密接なつながりがある事を、 もう皆さんはご存知かと思います。チョコレートを食べすぎたり、 毎日揚げ物が続くと途端にお肌が荒れますよね。

食べ物のせいで荒れたという経験を、一度は必ず持った事があるのではないでしょうか。 それもその筈。人は、口にしたもので出来ているからです。

油分や糖分の多い食事は、皮脂の分泌を活発にします。またそれだけではなく、 胃腸に負担がかかることで身体の内部がバランスを崩し、ターンオーバーも乱れるのです。

食べ物が直接影響を及ぼすというよりも、 むしろこのターンオーバーの乱れが原因でニキビが発生するという事もあります。

食べ物の肌荒れターンオーバーの乱れ

しかし、脂質の多い食べ物は食べない、ということはお勧めしません。逆に肌の潤いがなくなり、 ガサガサとした肌荒れとなってしまいます。またエネルギー源として貴重なものですから、 極端に一切を口にしないというのは考えものです。

食べ物には、上手に組み合わせることで相乗効果を生みだしたり、 片方の欠点をカバーするものもあります。そのような食事の秘密を知ることで、 無理な節制はしなくてもよくなりますよ。

広告