広告

ローションとニキビ

ローションとニキビ

にきび専用ではなくても、ローションは使い方次第で、 にきびにとても効果を発揮するアイテムだという事はご存知でしたでしょうか?

専用のローションは、どちらかというとお肌をアルコール成分で消毒したり、 ピーリング成分で角質をじんわり溶かす成分が配合されている事が多いようです。

中には、ローションには不要なメントールが入っていて、 清涼感を出している商品もあるようですね。

原因で選ぶにきびのローション

しかし、ローションを使う目的がはっきりしないまま、ただ何となく使っていても意味が無いのですよ。 アンチエイジングを求める人が、収斂作用のあるローションを使っても意味が無いですよね。

あなたが何故肌荒れをおこしているかを、まずはチェックする必要があります。 水分不足による過剰な皮脂の分泌によるのか、アクネ菌などの雑菌が大いに繁殖している状態なのか、 ターンオーバーが上手く機能していないせいなのか。

ローションは、その原因によって選ぶ事をお勧めします。ローションひとつで、 あなたの肌状態が変わるのであれば、ちゃんと選んで使いたいですよね。

ローションには、裏技的な使い方もあるようです。とても奥が深いようですよ。

赤ら顔の改善方法

赤ら顔を改善する方法はあるのでしょうか。にきびの改善方法は、 世の中にたくさんありすぎてどれが正しいのか分からないのですが、この方法については、 どうも種類が限られているようです。

ただ、改善方法といっても、原因によっては効果が特定される方法もあります。 自宅でのスキンケアを間違ってしまった結果によるものであれば、 様々な対策方法があると考えて良いですよ。

まず、毛細血管拡張症によるものであろうがスキンケアの間違いによるものであろうが、 皮膚科や美容整形外科で治療の方針として最も多く採用されるのが、レーザーによる血管の照射です。

この改善方法は、毛細血管の赤みに反応するレーザーを用いて行うのですが、 要するに血管その物を吸収させてしまい、赤みを減らそうという方法です。 何度か通院が必要となりますし、お金も掛かりますが効果は期待できるでしょう。

一般的な赤ら顔の改善方法

次の方法としては、スキンケアの間違いを改善することで解消するものです。 にきびを治したいあまり、スクラブ入りの洗顔料で毎日頻繁に洗ったり、 ピーリング作用のあるものを使い続けることによって角質が薄くなってしまった方にお勧めです。

薄くなった角質層を戻すという改善方法ですから、すこし時間はかかるでしょう。

そもそも確かなソースがない情報を鵜呑みにし、極端なスキンケアを行ったり、 正しい自宅でのスキンケアを怠らなければ起きないトラブルでもあります。

もともとお肌が薄い人ならばなおさら、肌が求めているスキンケアを行う事が大切ですね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする