広告

洗顔とニキビ

洗顔とニキビ

にきびで悩む人は、 洗顔をどのような思いで毎日続けているのでしょうか。 洗顔は、美肌の第一歩ともいわれるほどに重要な位置を占めています。 あなたの洗顔方法に間違いはありませんか?

顔のお肌を洗う「洗顔」。 ですが、トラブルを抱える人ほど間違った方法で洗顔をしているようです。 例えば、脂性肌の人のトラブルと言えばにきびが断トツに多いのですが、 その洗い方はというと・・。

まず、一日に何度も行います。しかも、毎回何らかの洗浄剤(石鹸など)を使用して、 肌のぬるつきが無くなるまでゴシゴシ丁寧に洗っているようです。

間違っていませんか?にきびの洗顔

ところが、このような洗顔を毎日続けていくことで、お肌は砂漠状態となってしまい、 顔は粉を吹いているのににきびは減らないという、アンバランスな状態となってしまうのです。

洗顔とお弁当箱を洗うのとでは訳が違います。 隅々まで、いつもキュキュ!と音がするほど洗う必要はないのです。

過度な洗顔は、トラブルの大元。かといって、洗顔不足もトラブルを招きますね。 どのような洗顔方法がちょうど良いのかを知ることが、美肌への第一歩と言えるでしょう。 詳しく調べてみるのも良いですね。

赤ら顔のスキンケア

にきびのケアで赤ら顔になってしまった方、 今までどのようなスキンケアを行ってきましたか? おそらく、思い込みによる誤った方法を取り続けたお陰で、 今の状態となってしまったのではないでしょうか。

赤ら顔は、自宅での過度なピーリングや洗顔などによる、誤ったスキンケアによって引き起こされます。 美容整形外科などで施術してもらい、赤ら顔になったのであればクレーム対象となるでしょう。

赤ら顔は、りんごほっぺのようで小さい子でしたら可愛らしく見えるかもしれませんが、 大人の赤ら顔は受け入れ難いですよね。出来れば、早急にもとの色に戻したい事だと思います。

ピーリングや過度の洗顔は、角質層を必要以上に溶かしたり剥がしたりしてしまいます。 マッサージを不適切に行っても、同じ症状となることがありますので注意が必要ですよ。

角質が剥がれると、赤ら顔を促進させるカイトサインという物質も分泌されますから、 余計に拍車がかかります。

赤ら顔のスキンケアはピーリングに気をつけて

赤ら顔で悩む方が気をつけて頂きたいのは、自分が使っているスキンケア用品に、 ピーリング作用がある成分が配合されている事に気づかずに使い続けてしまう事です。

ますます赤ら顔が酷くなりますし、他の肌トラブルを招きますので、 一度成分をお確かめになることをお勧めします。

その上で、今度こそ適切なスキンケアの方法を知らなければ、 またトラブルに見舞われますからお気をつけ下さいね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする