広告

薬用化粧品とニキビ

薬用化粧品とニキビ

にきび肌で悩む人は、薬用化粧品を使った事が一度はあるはずです。どうでしたか? 改善しましたでしょうか。改善した後、その薬用化粧品を使わなくなったとして、 美肌は保たれていますか?

薬用化粧品とは、予防の効果を持つとされる医薬部外品のことです。 医薬品ではないのだけれど、効き目は、ある程度薬事法で保障されていますよ、 と言う部類の化粧品に当たります。

薬用化粧品は穏やかな効果を示す作用があるという事ですし、 有効成分が明記されていますから、何となく信頼感がありますよね。

有効成分の表記はとても参考になりますから、 にきび改善として効果のある成分が配合されていると、つい使ってみたくなります。

成分の把握が難しいにきびの薬用化粧品

ただ、薬用化粧品も全成分を表示する義務はあるものの、 普通の化粧品のように配合量が多いものから表記する義務はなく、 順番はどのように明記しても良いとされています。

実は、これがくせもので、薬用化粧品の有効成分を全成分のトップに表記することで、 「効き目のある成分が大量に配合されている」というイメージを持たせてしまいます。 また、自分にとっては避けたいと思っている成分が、 どの位配合されているかを把握する事も難しいですね。

また薬用化粧品でにきびが改善しても、根本的な原因を取り除かなければ、 また悩まされることにもなり兼ねませんから、上手に使いつつ、 その原因自体を正していくよう努力が必要である事は言うまでもありません。

ニキビの赤みを消す

にきびの赤みを消すには、一体どうしたら良いのでしょうか。 大事な予定を控えているのに、 この顔では困るという事もあるでしょう。何か方法はあるのでしょうか。

まず、にきびの赤みとは、炎症が起きている状態だという事を認識なさって下さいね。 ですから、赤みを消すには炎症を早く抑えてあげれば良いという事になります。

芯が残っているからいけないんだ。芯を出してしまえば治るさ。そう思って潰してしまうと、 後々後悔するハメになりかねませんから、これだけは辞めてくださいね。

赤みのあるにきびを消すには、体内から責める方法と体外から責める方法の二つがあります。

かといって、野菜を食べれば赤みを消す事が出来ると思うのは短絡的すぎるかもしれません。 野菜をむやみに食べる事は、体を冷やす事にも繋がりますのでもう少し知識を得るようにしましょう。

赤みのあるにきびを消す二つの方法

まず、赤みを消すには、体内の血行を促す事をお勧めします。血の流れが悪いと、 赤みが出るとする考えがあるのです。

次に体外から責める方法ですが、緊急の場合でしたらお薬に頼る事も良いかもしれませんが、 長期的なことを考えると、しっかりとしたスキンケア方法を学ぶ必要が出てくるでしょう。

赤みがあろうとなかろうと、一旦消す事が出来ても同じところに繰り返す事が多いようです。 これは、その原因を根本的に正す事が出来ていないからだと考えられます。

良い機会ですから、今のうちに肌荒れの元を正してあげてください。 そうすることで、消す方法は!?などと不安にならなくても済むようになるのです。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする