白にきび

白にきび

白にきびは、毛穴の中に皮脂が詰まった状態のものを指します。 皮脂だけではなく、もちろん古い角質なども混ざり合っていますので、 固いバターのような状態となっているのです。

白にきびだという認識が無く、 角栓が詰まったと思って皮膚の盛り上がったところを押した事はありますか? あの時に出る白いものが、白にきびの元だと考えて良いです。

通常皮脂は、サラダオイルのようにサラサラとした状態です。 表皮の一番上を覆っているのは皮脂膜で、肌を乾燥から守ってくれています。 ところが、何らかのきっかけで毛穴に詰まり始めると、 どんどんバターのように固まってしまうのです。

白にきびの時でしたら、正しい方法を用いることで、 にきびの成長をストップさせる事が出来ますよ。しかし、白にきびの時だけです。

放っておくと進行する白にきび

また、白にきびを放っておいたり、指や爪で無理矢理出すなどの自己流処置を行うと、 赤にきびへと進行してしまいますので要注意です。

白にきびは、自宅で正しいケアを行うことにより、 その後の厄介な赤にきびへ成長する事を防げます。 また、生活習慣を正せば、この白にきびさえお目にかからなくなるかもしれませんよ。

にきび予防と生活習慣

にきびを予防するなら、まずは生活習慣を改めることから始めたいものです。 生活習慣は、その人の身体に影響を色々と及ぼしますよ。

生活習慣の改善は、病気の予防に役立ちますね。 例えば肝臓であれば、晩酌の習慣を改めるなどの方法が選択されるでしょう。 にきびも病気と捉えれば、やはり生活習慣を改めることから予防はスタートするのです。

「ちゃんと顔を洗っているのに、ちっとも治らない!」と憤慨しているあなた。 ちょっと、自分の日常を振り返ってみてください。お風呂の入り方は?何時に寝てるの? 食生活ってどんな感じ?

生活習慣が予防にどれだけ影響をしているかという事もありますが、 以前、治らないと言っている人の食生活を聞いて、唖然とした事もありました。

正しい生活習慣でにきびを予防する

生活習慣と言っても良いでしょう。だって、数年前から毎朝「朝食はアゲあんパン」。 それでは治るものも治りません。予防どころの騒ぎでは無いですよね。

これほどではないにしても、生活習慣は積もり積もって悪影響を及ぼす事も多々あります。 あなたも予防という観点から、ぜひ正しい生活習慣がどのようなものであるかを知るところから始めませんか。

広告