耳おでき

耳おでき

おできが耳にできる原因は、耳の手入れの仕方にあります。中にできるものもありますし周りの部分にできるものもありますが、中にできる炎症の方が多いようです。

耳の外にできるおできは、腫れを伴うものがありますが、大方は、市販の塗り薬で治るようです。それでも、意外に汚れが付き易いため、清潔にしておくことが大切ですね。

大人にばかりでなく、赤ちゃんにもおできはでき易いようです。寝ているときの姿勢が大事ですので気を付けるようにしたいですね。

片方の耳ばかりを下側にしないで、もう片方の耳も同じように下側に向きを変えて寝かせてあげます。

耳の中の掃除の仕方が悪ければ、鼓膜に傷をつけることになりますし、傷が付けば鼓膜穿孔(こまくせんこう)を引き起こし、炎症が起きてしまいます。

耳のおできはお手入れのしかたを工夫しましょう

耳掃除の時、耳掻きを入れるのは、穴の三分の一ほど位にします。できれば、入浴した後でする方が、アカ自体が柔らかくなっていて、取りやすいですよ。また、電動の道具もありますが、これの方が安全ですし、綿棒をベビーオイルに湿らして取るような工夫も大事なことですね。

おできが耳にできると、その中で炎症を起こすことがありますので、ケアの際は最も注意したい部分でもあります。もともと自浄作用があるので、必要以上に掃除をするのは、控えるようにしたいですね。

ゆらぎ肌の原因とにきび

普段はなんともないのに、突然、肌がヒリヒリしたり、痒くなったり、にきびができたりするゆらぎ肌の原因は一体、なんでしょうか。いったいどのような時に起こるのでしょうか。

特に多いのが季節の変わり目。春はゆらぎ肌の原因となることがたくさんあるんです。

春になると紫外線量が増えます。花粉、ほこり、黄砂なども肌状態を悪くさせます。さらに、生活の変化でストレスを感じ、肌荒れを起すんですね。

また生理などでホルモンバランスが変わるのもゆらぎ肌の原因になってしまうこともあります。生理前や、生理中に、お肌がガサガサになってしまったこと、ありますよね。

ゆらぎ肌の原因は肌のバリア機能が低下してしまうことです。これにより、にきびなどのいろんなトラブルを引き起こしてしまうんですね。

ゆらぎ肌の原因を知って にきびを作らないように対策しましょう

もちろんゆらぎ肌の原因を知ることで、対策をとることができます。ですから、急に肌荒れを起こした時などは、必ず、原因を考えてくださいね。紫外線対策はしていますか。ストレスを溜め込んでいませんか。お酒を飲みすぎていませんか。

お肌のひりつき、痒み、にきび、乾燥。ゆらぎ肌の原因を知って、トラブルを解消すると、またつるつるのお肌が戻ってきますよ。悪化する前のケアをおすすめします。

広告