広告

脇おでき

脇おでき

おできが脇にできることもありますよね。この場所は汗の管理がとても難しい部分ですし、汗の臭いが強い箇所でもありますので、肌の清潔感を最も注意したい場所ではないでしょうか。

脇の汗を適度に抑制するデオドランド剤が効果的です。制汗成分が配合されていますが、それでも汗を掻いたらきれいに拭き取っておくのも、大変重要なケアです。

この場所がおできなどの炎症を起こすと、肌と肌が摩れやすい部分なので、触れても感触が悪くならないように、皮膚の手入れは細目に行うようにしたいですね。

脇の肌をケアする時には、殺菌作用の効果がある石鹸を使用すると良いですよ。殺菌することで嫌な臭いも同時にとれますが、あまり力を入れて洗わないように注意して下さい。

脇は汗をかきやすく、おできができるとやっかいな場所です

脇の毛は、長くても短くても剃るようにしたいですね。毛があるとスキンケアをする時の邪魔にもなるし、衛生的にも良くないようです。

脇の毛を剃った後、ケア用としてクリームなどを使い、剃ったまま放置する事のないようにする事が大事ですね。

おできが、脇にできないように心掛けることも肌への自己管理と言えます。見えない場所ほど神経を使うようにし、薬などに頼るのでなく、いかに清潔を維持すればいいかを考える事も大切ですよ。

にきび刺激になる成分

刺激になる成分の使われていない化粧品でケアすると、にきびが改善されていきます。もちろん化粧品だけでなくシャンプーや食べ物などもそうですね。

ですがにきびへ刺激になる成分とはいったいどのような成分でしょうか。よく間違われるのが、無添加=刺激がない、ということですがこれは違いますね。

お肌の環境は人それぞれ違います。ですから刺激になる成分も、ならない成分も人によって違うんですよ。

刺激になる成分の正しい情報を取り入れて、にきび対策をしましょう

化粧品の成分表を見ても、見慣れない横文字ばっかり。自分の肌に直接塗るものだから、気にはなる。でも見てもさっぱりわからない。そんな方もいらっしゃいますよね。

ですから、自分の肌に刺激になる成分は何か、専門家の意見を聞いてみるのもいいですね。正しい情報を収集しましょう。

刺激になる成分を使うと肌がぴりぴりしたり、かゆくなったり、という症状がでます。せっかく買ったのに、もったいない、なんて言わないですぐ使用はストップしてくださいね。

ご自分にとって刺激になる成分はわかりましたか。そのような成分の使われていないケア用品を使って、にきび対策しましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする