にきび肌のひげそり対策

にきび肌のひげそり対策

にきび肌の方は、ひげそりの時に何か対策をとっていらっしゃいますか? ただひげを剃るだけでなく、対策をきちんと講じておく事が必要です。

そもそもひげそりの後は、対策を立てておかなければ、にきび肌になりやすいようです。 刃物がお肌を滑るのですから、間違いがあると角質層を傷つけてしまいます。 その時雑菌を放置しておくことでお肌が炎症をおこし、にきび肌へとつながるのですね。

ですから、基本的に切れやすい刃を使用する事。角質層を傷めないように気遣います。 そして、直そりは避ける。こうすることで肌を守りやすくなります。

もしもにきび肌となってしまったら、ひげそりの前に対策がひとつ。 蒸しタオルで肌を温めるのです。すると、ひげも肌も柔らかくなりますので、 剃りやすくなりますよね。

次の対策としては、ひげそりの時に泡をふんわり立てる事。 専用のフォームは、刺激が強いかもしれませんので選ぶ時は慎重に。 フォームで肌荒れが起きる事もあるようです。 今はにきび肌専用フォームも発売されているようですね。

にきび肌の人のやっておきたいひげそり対策

ひげそりが終わったら、最後の対策として正しいスキンケアを行います。 スキンケアが終了するまでが「ひげそりタイム」だと思ってくださいね。 このスキンケアを適切に行うことで、グンとにきび肌から遠のくでしょう。 お試しくださいね。

日焼けとにきび

にきびでお悩みの方は、日焼けに注意が必要です。 日焼け自体にも問題はありますが、そもそも「紫外線を浴びる」という事を避けて欲しいと思います。

なぜ日焼けより、紫外線を浴びること自体避けて欲しいかと申しますと、 肌が紫外線を浴びたとたんに活性酸素を生み出すからです。 それが皮脂の酸化を促し、にきびへとつながります。

ですから、紫外線は極力避け、帽子や日傘、UVカットミルクなどを活用しましょう。

日焼けは、皮膚科や美容整形外科などで、医療機器を使いながら治療を行っている際、 充分な注意が必要です。色素沈着を起こす可能性が高いですし。 また、治療の過程でわざと真皮を軽い火傷状態にしている場合もありますので、 太陽の光を浴びるのはご法度。医師の注意をよく聞いておきましょう。

しかし、日焼け止めによる肌荒れも多いようですね。 とくにSPF値が高いものは肌に刺激を与えがちですので、 レジャー以外には使用しないように注意が必要です。

にきびには紫外線による日焼けが大敵

日常紫外線は、軽い日焼け止めを使いましょう。高くてもSPF30までが良いです。 もちろん、にきびに良くない成分が配合されているものは避けてくださいね。

日焼けを気にして、逆ににきびを増やしたのでは本末転倒。あなたの肌につけるものですから、 きちんと成分をチェックして、日焼けしないよう、対策を上手に行っていく必要があります。

広告