ダイエットとニキビ

ダイエットとニキビ

ダイエットに成功したという方の中で、 その後リバウンドを経験した人はどの位いるのでしょう。 そのダイエット方法にもよるのでしょうが、短期間で大幅に体重を落とすタイプの方法ですと、 リバウンドする確率も高いようですね。

ダイエットは、まず食事制限が欠かせません。一品置き換えだろうと、 運動を中心にという方法だろうと、 やはり今までのような食事の量を取っていては痩せませんからね。

ある程度我慢を重ねたダイエットの結果、成功を収めたとしてもリバウンドが来ると大変です。 この時あなたの欲求は、今まで抑えに抑えられてきましたから一気に爆発。

ダイエット後の暴飲暴食は、途端にお肌も荒らしてしまいますね。また太ったというだけでなく、 一緒にニキビを作ってしまう方を多く見受けます。もう、本当に最悪です。

「我慢のしすぎは逆効果」ダイエットに失敗してにきびもできてしまう

まず、ダイエットもにきび改善でも言える事ですが「我慢のしすぎは逆効果」 と言う事を覚えておいてくださいね。そして、どちらも「あなたの身体に合った生活」 を続けると効果的である事も忘れずに。

今までの食生活も、ダイエット方法も、にきび改善方法も、 あなたの身体に合ったものでなければ効果は半減するのです。

ですから、まずはあなたに合った方法を探すところから始めましょう。出来れば、 いつでも専門家に尋ねる事の出来る環境を整えておくと良いですよ。 モチベーションも維持できます。

大人にきび

大人にきびとは、一般的に思春期を過ぎて20代以降にできてしまったにきびのことをいいますね。 大人にきびの多くは、口の周りなどの顔の下の部分や首や胸などにできます。 思春期にきびがお顔のTゾーンに出やすいのに比べ、 大人にきびはUゾーンと呼ばれる乾燥しやすい部分にもにきびができやすいのです。

これは、大人のにきびの原因が、 単に皮脂汚れや皮脂の分泌過多によるものではないことを表しています。 乾燥肌の方でも大人にきびができます。食生活や生活のリズム、お酒やたばこ、ストレスなど、 様々な原因が考えられます。

その中でも、大人にきびの改善には食生活の見直しはとても大切です。 口の周りの肌が荒れるのは、胃腸との関わりがある場合が多いからです。

大人にきびの原因として、20代を過ぎからも10代と同様に脂っこいものや、 甘いものをたくさん好んで食べていることも考えられます。思春期の頃は体が大きく成長しますし、 たくさん運動をしますね。 体をつくるためにもしっかりとバランスの取れた栄養をたくさん摂らなければなりません。 しかし、大人の一日の運動量は10代に比べると少なくなっていきますね。 消費するエネルギーも少なくなります。

消費カロリーに比べて摂取カロリーの割合が大きいと、その分、吹き出物が出やすくなります。 甘いものが好き、お酒を飲むことが多い、という方は、 食事の量は少なくても間食やお酒でカロリーが高くなっている場合もあるので注意しましょう。

大人にきびの改善には食生活の見直しが大切には食生活の見直しが大切

大人にきびをつくる原因の一つに便秘もあげられます。 運動不足になると胃腸の消化吸収にもよくありませんね。当然便秘になりやすく、 大人にきびができてしまう原因となります。

また、ストレスからくる消化不良もあるかもしれませんね。大人社会はストレス社会でもあります。 精神面だけでなく睡眠不足や疲れが抜けないなど、これらは体にとってもストレスになります。 大人にきびの改善には全般的に生活習慣から見直すことが大切なのかもしれませんね。

広告