ビタミンCとニキビ

ビタミンCとニキビ

ビタミンCというと、シミに効く栄養素だというイメージがありませんか? 美白目的の化粧品にも多く配合されていますね。 しかし、ビタミンCはにきびにも効果的である事をご存知でしたでしょうか。

ビタミンCは、とても面白い栄養素です。薬局に行くと、 粉末状のビタミンCが販売されていますが、あの粉末を0.5g(小指の爪程も無い位の量)だけ、 湯船に入れます。すると、塩素を中和してくれるのですよ。1か月程入浴剤代わりに入れて、 たまに入れ忘れると浴室が塩素の匂いで充満している事に気づくでしょう。

肌荒れがちな人は、ビタミンCを入浴剤代わりに入れても良いですね。 塩素もお肌を刺激する事がありますので、特に都会に住んでいる方にはお勧めです。

ビタミンCに強い化粧品販売会社も存在します。水に溶かすだけで、 イオン導入ができるビタミンC水を作れる粉末があるのですが、種類も豊富です。 脂性肌用、普通肌用などに分かれています。 美白効果があるということは、にきび跡にも効果的ということになりますね。

ニキビにも効果的なビタミンCの使い方

お肌に付けると乾燥感を強く感じるでしょう。しかし、実際に乾燥しているのではなく、 「そのように感じる」だけだそうです。心配しないで使って良いそうですよ。

ビタミンCは、ストレスを感じると多く代謝されてしまう栄養素でもあります。 ストレスを感じやすい人は、積極的にビタミンCを摂取することをお勧めします。

ただし、その際はサプリメントに頼らず、適切な食事として摂取すると良いですよ。 また、にきびを本気で治したいのであれば、ビタミンCだけに頼ることなく、 あなたの行動全てをチェックする必要もあるのです。

30代からのニキビケア

30代からのニキビケアといえば、やはり保湿は欠かせない要素だと思います。 なぜならば、この世代の方は乾燥ニキビが多く見受けられるからです。

なぜ今の30代から上の人は、乾燥ニキビが多いと言えるのでしょう。 ニキビケアに保湿を取り入れる必要があるのは、その世代がスキンケアを本格的に始めた頃、 化粧品業界で多く出回っていたある成分を頻繁に使用していたからです。

まず、質の悪いミネラルオイルを使った化粧品が出回っていました。 表示指定成分も多く配合されていましたし、 何より合成界面活性剤がお肌のバリア機能をどんどん削っていたのです。

ですから30代からのニキビケアは、まず肌を保湿してあげることが重要です。 脂性肌だから保湿は結構と思われている方、もうその考え方が間違っていますよ。

30代からのニキビケアは、思ったほど簡単ではありません。 お肌の土台自体が崩れている方が多いからです。しかしご心配なく。 今からでもまだ間に合います。

30代からのニキビケアは保湿から始める

ニキビケアを行う際、30代から上の人は、どうぞ「質の良い、間違いのないスキンケア方法」 を知識として取り入れましょう。そして、それを実行してください。 また、スキンケアだけに頼る生活は終わりです。生活そのものを変える勇気も必要ですね。

ニキビケアを30代から始めたって無理だという方は、どうぞ今のままお悩みください。 でも、本気で改善したいのであれば、やはり行動を起こすべきではないでしょうか。

ニキビを治す方法

にきびを治す方法として、 スキンケアの中でも「洗顔」が大切だということをよく聞きますね。 にきびはお顔にできることが多いので、皮膚や毛穴の中を清潔にするという意味でも、 洗顔はやはり重要です。毛穴の中に皮脂汚れが溜まるとにきびができてしまいますので、 当然にきびを治す方法として洗顔を正しく行うことが重要なのです。

顔を洗わないという人はほとんどいないでしょう。 誰しもごく当たり前のように洗顔していると思います。ただ、そのやり方は個人差があるはずですね。 普通は誰も「にきびを治す方法」だと意識して毎日顔を洗っているわけではありませんね。 にきびや肌トラブルができてみて初めて「にきびを治す方法」 としての洗顔を意識し始めるのかもしれません。

にきびのできやすい人とできにくい人、この違いは何でしょうか。 もちろん体質や肌質が違うのは当然です。でも、毎日の洗顔方法が、にきびのできにくい洗顔方法、 つまり、皮膚や毛穴のためにより正しい洗顔方法を行っている人のほうが、 にきびのできやすい人に比べ格段ににきびができにくいのではないでしょうか。

顔を洗う方法、こんな当たり前のような日課のやり方ひとつで、にきびができにくい肌になるのなら、 にきびを治す方法としてだけではなく、 にきびの予防としても正しい洗顔方法をマスターしない手はありませんね。 面倒くさいとは思わずに、1度正しいやり方をマスターしてしまうと良いでしょう。

正しい洗顔はにきびを治す方法のひとつ

にきびを治す方法として、真っ先に洗顔石鹸やにきび用化粧品などに目がいく人もいると思います。 でも、いくら肌にいい石鹸や化粧品を使っていたとしても、洗顔方法が間違ってたり大雑把では、 あまり意味を成しませんね。 いい絵の具を使えばいい絵が描けるのかというとそうではないのと同じです。

もし自分の洗顔方法について自信がないようでしたら、 にきびを治す方法について書かれてある本などを参考にするなどして、 ご自分の洗顔方法を確立するのはお勧めです。 肌力を高める正しい洗顔方法を一度きちんとマスターしてしまえば、あとは慣れです。 なにより、正しい洗顔方法が身に付きさえすれば、この先もずっと毎日使えるのですから安心ですね。

広告