広告

大人にきびについて

大人にきびについて

「大人にきび」という言葉が、最近いろいろなところで使われていますね。 雑誌でも特集が組まれる事があります。それほど、厄介な存在のにきびなのでしょう。

以前は「大人にきび」という表現ではなく、「吹き出物」と呼称していました。あ る程度の年齢に達していれば「にきびじゃなくて、それ吹き出物でしょ!」などと言われて、 「ああ、にきびは若い人専用の言葉なのか。吹き出物という表現はいやだな」と思ったものです。

しかし、どのように呼び名が変わろうと、皮膚の上に張り付いているのは憎いにきびですね。 何とかしたいという思いに、年齢など関係ありません。

大人にきびは、その人の生活に影響を与えてしまう事があります。たとえばお仕事。 接客業や飲食業に携わっている人は「清潔感」を大切にしますが、もし大量にあなたの顔に、 にきびがあると「この人は不潔なのでは」という印象を与えてしまいます。 ですから、本人は特に治したいという思いがつのるのですね。

また大人にきびは、異性とのお付き合いや結婚などにも無関係とは言えないですよね。 顔や背中にたくさん出来ていれば、気にならないはずなどありません。 実際にお肌のカウンセリングルームなどでは、恋愛絡みでのトラブルや深い悩みなどの相談を、 よく受けるそうです。

大人にきび?吹き出物?

ですが、心配する事はありません。 子供にきび(?)だろうが、大人にきびだろうが、正しいケアを行っていけば 必ずつる肌を手に入れることが出来ます。ただし注意して欲しいのは、 絶対に潰さないということ。クレーターや色素沈着したお肌は、再生が困難ですからね。

肌荒れとニキビ

肌荒れといえば、通常はどのような肌状態のことを指すのでしょうか。 キメが乱れるなどのタイプよりも、今はニキビが出来るタイプの荒れ方で悩む人が多いようですね。

肌荒れを起こすきっかけは人それぞれです。 スキンケア用品を変えた時など、何かの成分がお肌に合わなかったことで出来ることもよくあります。

ポツンと出来たニキビを放っておくことはお勧めしません。 一度クセになってしまうと抜け出す事が難しくなるからです。 ひとつ出来たものを放って置いた為に、みるみる広がってしまったら抜け出すのに一苦労しますよ。

ニキビによる肌荒れを引き起こす原因はいろいろとあるようですが、 どうしてニキビが出来るようになったのか、その原因を取り除いて上げなければ、 いつまでたっても悩まされ続ける事になりますね。

このタイブの肌荒れが何よりも厄介であるのは「跡」が残ってしまうという事です。 そうならないように、キチンと対策を練る事も重要です。

肌荒れでニキビが発生したとしても、何かで隠す事が出来るのであれば良いのですが、 場所が顔や背中の上の方だと、隠したくても隠せませんね。 ファンデーションなどは余計に状態を悪くしますし、男性には仕えない方法です。

ですから、肌荒れを起こしたときには自己流で何とかするのではなく、 正しい知識を得た上で、正しいケアを行う事が最重要となるのです。

肌荒れ対策には「正しい知識」で原因と改善方法を知り、 「正しい方法で実践」する事が何よりも大切なのではないでしょうか。 そうすることで、子供の頃のたまご肌を取り戻す事も期待出来るのです。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする