大人にきびの原因とは?

大人にきびの原因とは?

大人にきびには、出来てしまう原因があるのでしょうか。 またその原因は、若い頃の原因と同じではないのでしょうか。 今回はその点を考えていきたいと思います。

実は、大人にきびの定義は「思春期の第二次性徴が終わった後に出来たにきび」とされているそうです。 第二次性徴とは、思春期の成長期のこと。中高生あたりまで続きます。 ホルモンバランスが急激に変化しますので、皮脂の分泌が高まることでにきび肌になりやすくなると いわれています。

ですから大人にきびの原因として、まずホルモンバランスの変化は除外できますね。 では、次に考えられるのは・・・。そう、体内の健康です。

便秘が原因でにきびが出来た、という話はよく聞きます。あなたも経験があるかもしれませんね。 そのように、胃腸が弱る事がお肌に影響を及ぼす事が多々あるのです。

体内バランスの崩れが原因となって引き起こされるものが「大人にきび」といっても、 過言ではなさそうですね。ストレスを受けて大量に発生するのも、 実はストレスを感じた事で胃粘膜がやられ、消化不良を引き起こすからなのだそうです。

大人にきびの原因はどこにあるのか

このように、原因は体内にあると考えると良いでしょう。 他にも、女性ですとメイクという身だしなみが大人には必要になりますので、 使用する化粧品が肌に合わなかったり、しっかり汚れを落とせていない、 間違ったスキンケアでにきび肌を自ら作っているなどという事も考えられます。

やはり、一筋縄ではいかないようです。しかし、正しい方法で向き合えば必ず改善するでしょう。

肌荒れの症状

代表的な肌荒れの症状を見ていきましょう。まずは「痒み」です。 肌のバリア機能が衰え始めると、乾燥が進むために痒くなります。 ここでかいてしまうと、どんどんお肌の表皮が乱れていきます。 すると、余計に水分が出てしまい、更に肌荒れが進行してしまうのですね。

次の症状としては「湿疹」があげられます。小さいブツブツや、水泡ですね。 腫れや痒みを伴う事もあるようです。突然スキンケア用品を変えたり、 妊娠など大きな身体の変化の際は要注意です。原因をしっかりと取り除いてあげないと 症状は酷くなるばかりですので、早めに皮膚科を受診しましょう。

最も多い肌荒れの症状としては「にきび(吹き出物)」があります。 男女を問わず多くの方が経験した事のあるものだと言えるでしょう。 悩まされた方、現在悩まされている方にはお分かりだと思いますが、 これこそ原因を突き止めるのが難しいですね。というのも、 原因が複雑に絡み合っていることがほとんどだからです。

にきびは、周囲の人に「不潔にしているのでは」という間違った印象を与えてしまいがちです。 それが辛いのですよね。だから、余計に清潔を意識して過ごしますが、 時にはやりすぎてしまう事もあるようです。過度の洗顔で、 健康だった皮膚にもトラブルを招く人がいますので注意が必要です。

原因が複雑に絡み合っている肌荒れ症状

この肌荒れの症状が出た場合は、正しいスキンケアもケア方法としては重要な位置を占めます。 例えばゴシゴシ洗うのではなく、ふんわり包み込むように洗うことから始まり、 細菌や角栓が毛穴に残らないようにする事も大切です。

正しいケアを続けることで、この症状はずいぶん解消することと思います。 まずは、思い込みで行っているケアを改める事から始めましょう。

広告