大人にきび薬

大人にきび薬

大人にきび専用薬なんてあるのでしょうか。もし専用として処方されるなら心強いですよね。 ちょっと調べる事にしてみましょう。

実は薬にも、時代により一種のブームが到来します。大きく分けると3つ。 まず「硫黄成分」で皮脂を押さえ、ニキビを枯らしちゃえ!作戦。 しかし、大人にきびの原因のひとつとして「肌の乾燥」がありますので、これは避けたいですね。

次に、飲み薬と塗り薬でアクネ菌や雑菌を殺してしまえ!作戦。 これは今現在、皮膚科でも多用されている考え方です。 菌を殺してしまえば皮脂が多少出ていても、ニキビは炎症しないよねという事です。 ですが大人ニキビに特化しているわけではなさそう。

最後にディフェリンゲル。厚くなった角層を薄くして、皮脂を毛穴から排出・溜めない!作戦です。 ピーリングと同じ原理だと考えて下さいね。 でも、ただでさえ敏感な肌なのに大丈夫かなぁと心配になってしまいます。 もちろん医師による処方ですから、指示通りに使えば良いのでしょうが。

他にも、薬(医薬品)としてステロイド系や抗菌剤が入ったお薬など多種多様にあるようですが、 ざんねんながら大人にきび専用と呼べる物はなさそうです。

大人にきびは薬で治療できるのか

薬に力を借りる事も良いですが、長年使用すると逆に副作用も心配になりますね。 やはり根本的に肌質や体質を改善する事が重要だという結論になりました。 上手に病院や医師とお付き合いをし、依存してしまわないようにする事も重要です。

肌荒れに有効な治療法

肌荒れに有効な治療法はあるのでしょうか。赤く腫れあがったニキビ肌やカサカサしたお肌は、 あなたが思っているよりも随分と敏感になっています。 そのような肌状態を、有効に治療していくにはどうすれば良いでしょう。

まず、肌荒れの治療として一番に行うべき事は、肌を保護してあげるということです。 何から保護するのでしょう。それは、紫外線、ホコリ、タバコや車の排気ガスなどからです。

今、とても敏感になっているあなたのお肌は、健康なときであれば平気だったこれらの影響を モロに受けてしまいます。すると、余計に弱ってしまうので、また影響を受ける。 そしてまた荒れて・・・。肌荒れ地獄の無限ループに陥ってしまうのですね。 ですから、まずはお肌を守ってあげる事が大切です。

次の治療段階として考えられるステップは、積極的にケアをしていく事が大切です。 これは、先ほど述べた「保護する」と同時に行う事もあるでしょう。 攻めの治療を行っていくことで随分と目に見えて改善されていくはずです。

皮膚科などの治療薬は、時に強力に効き目を発揮します。 しかし薬絶ちが出来なくなり、辞めた途端に肌荒れを起こしてしまうため、 通院が終わらないという声もある事は確かです。

ですから、究極の治療とは、あなたの肌機能を常に良い状態に保っていられるよう、 肌質を改善させることかもしれませんね。

肌荒れ撲滅の為には、保護する事、攻めの治療、肌質改善の3つを同時に行う事が ベストであることは言うまでもありません。

広告