広告

大人のストレス

大人のストレス

ストレスは、大人になればなるほど重い負担となって肩にのしかかりますね。 学生の頃とは違う質の悩みで、押しつぶされそうになる事もあるのではないでしょうか。

大人のストレスは、仕事関係にはじまり、恋人、夫婦、子供、姑など多岐に渡り、 どれもないがしろには出来ないものです。逃げたくても逃げられないので、 徐々に身体に変調をきたしますね。

ストレスを感じると、胃腸に異変を感じる人が多いようです。 胃の痛み、食欲不振、下痢、便秘など神経性の症状があらゆる形で出てきます。

しかし、そのストレスがにきびなどの肌荒れとして現れる人も多いのです。 ストレスは大人にきびの最たる原因のひとつといわれているのですよ。 ターンオーバーが乱れるのも、ホルモンバランスが乱れるのも、 ストレスが原因であることが多いのです。

肌荒れをおこす様々な大人のストレスにどう向き合うか

辛い事があってもクヨクヨ考えないように、だとか、前向きにいきましょうといわれても、 なかなか気持ちは簡単に上向きませんよね。

私は、それで良いと思うのです。 ストレスを無理に押さえ込む行為自体がストレスになりますからね。 ただし、いつまでも引きずる事は辞めましょう。

どこかで線引きをし、ストレスに対して向き合う勇気を持つ事も必要だと思うのです。 あなたがにきびで悩んでいるのであれば、 その悩みの原因そのもの(この場合はにきび)を根本から改善していく目標を設定し、 一歩前に踏み出すと良いですよ。きっと今より楽になるはずですから。

恋したいのにニキビ

にきびができる思春期は、恋したいお年頃でもありますね。 「思いにきび」などという言葉があるように、恋に恋するお年頃なのかもしれません。

恋したい気持ちはお肌にも影響します。想いが募る、ドキドキする、ときめく、 という気持ちの高ぶりは交感神経を過敏にしますから、新陳代謝が活発になります。

恋をしてお肌がきれいになるだけだといいのだけれど、皮脂の分泌も促進されるため、 にきびになってしまいやすいのがたまにキズですね。 つい好きな人のことを考えて夜更かししてしまって、翌朝大きな想いにきびがぽつんとできた、 なんてこともあるかもしれません。

ニキビだからといって恋したい気持ちを諦めないで

だからといって、恋いしたい気持ちをあきらめなくていいのですよ。 にきびができてしまったら、洗顔方法を見直す、夜更かしはしないなど、 にきびになりにくい生活習慣を心がけて環境を整えましょう。

恋したい気持ちになると、誰だって好きな人ににきびのある顔を見られたくないですね。 髪の毛やメイクでにきびを隠したくなるかもしれません。

額ににきびが額にある時、 前髪など髪の毛が常ににきびに触れているとシャンプーやリンスなど残留成分がにきびに刺激を与えてしまって悪化させてしまう場合があります。 メイクも同じ。ファンデーションで無理に隠そうとするのはよくありません。 ファンデーションを塗るときは、下地にも注意して、 にきびを悪化させてしまわないように気をつけましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする